桐たんす、組子ベッド(桐)、DNA、新製品情報、日頃の雑事等、物作りの現場から
 (株)総桐箪笥和光   代表取締役   加島清治
〒830-0424 福岡県三潴郡大木町三八松1048
TEL/0944-33-1421 FAX/0944-33-1423
・桐たんす      http://tansu.com/
・組子ベッド    http://kumikobed.com/
・桐たんす再生    http://kagusaisei.net/
---------------------------------------------------------------
マイブログ(テーマ別)
・カイトボード  http://moon3kite.blog.jp/
・FatBike     http://fatbike.ldblog.jp/
・空撮(ドローン) http://moon-flight.blog.jp/
・日替な日常   http://moon3.blog.jp/
・PC雑記帳   http://pcz.blog.jp/

量産中〜

DSC_0023

組子ベッド・あんばいに、プレポリマー樹脂を塗っているところ。当社専用に作ってもらったF☆☆☆☆塗料使っています。当社のすべての組子ベッドは、塗料も含め、安全・安心・環境に配慮した、国産家具表示認定製品です。

組子ベッドの詳しいことは→ここから

1-1ストリート・夢楽_チラシ

組子ベッド ここちe28062412

金具も再生してます

DSC_0017

再生(洗い・リフォーム)の場合、金具が使えるようでしたら、なるべく再生してあげてます。新品付けたが早いのですが、同じ金具のデザインがなかったり、足幅違いで元穴と違ったりです。また、元のと違う金具だとバリバリ違和感があったりします。小さい釘まで、磨いてスプレーメッキ塗装と、手間はかかりますが、お客様にはこの方が喜ばれています。

再生(洗い・リフォーム)の詳しいことは→ここから

木工NCで三次元加工

M1000155

本日Fusion360に、うちのNC専用のポストなるもの作っていただきました。Fusion360にはCAM機能があり、ポストはGコードを作るものです。そのGコードをうちのNC用に改良していただいたということです。

うちの木工NCには、木工専用CADが入ってます。それは、平面を切ったり、また面取りしたりするのが簡単にできるようになってます。ただ、私自身は、Z軸も自由に動かし、波打ったような三次元曲面でできないものかと常々思っていたところです。

Gコードで動かすことは、購入したNCメーカーでは説明も指導もなく、ただ、専用CADを使うように指導されました。でも、私は自力でGコードの入出力を発見。なんとかデータ作って簡単な加工も成功しました。

こうなるとGコード作るCAMが欲しくなるのですが、Fusion360で、Gコードができるということで小躍りしました。ただ、NC毎に若干の違いがあるので、ポストというもので変換する必要があるということでした。

本日、Fusion360の担当の方に来社いただき、当社のNCとにらめっこし、約8時間かかりましたが、ポストが完成しました。木工NC加工に新しいインフラが整ったということで、当社としては、歴史的一日となりました。また、同メーカーのNCでは日本初ということにもなったようです。当社の木工NCはSHINX(シンクス)です。

今後は、Fusion360のCAM機能を使い、桐材を使った家具に挑戦していくつもりです。

扉の金具だけでも、けっこう大変です

DSC_0009

再生(洗い・リフォーム)ですが、たまに、金具がたくさん付いているものが来ます。金具も再生するのですが、扉一枚でも、ハズす手間、金具を塗装する前の磨きの手間、塗装する手間、取り付ける手間、と、けっこう大変です。

再生(洗い・リフォーム)の詳しいことは→ここから

排他的処理(^^)

DSC_0014

再生(洗い・リフォーム)は、表面をカンナで削って仕上げますが、この時期、扇風機掛けているので、どこまでも飛びちる。それで、板で堰を作ってましたねぇ〜。しかも、行き先はチリ取り行き(^^)
社長
専務
千香子
最新コメント
月別
Google


ブログ内
livedoor プロフィール
Facebookページ
会社の空(気象データ)
QR

このページのQRコード