桐たんす、組子ベッド(桐)、DNA、新製品情報、日頃の雑事等、物作りの現場から
 (株)総桐箪笥和光   代表取締役   加島清治
〒830-0424 福岡県三潴郡大木町三八松1048
TEL/0944-33-1421 FAX/0944-33-1423
・桐たんす      http://tansu.com/
・組子ベッド    http://kumikobed.com/
・桐たんす再生    http://kagusaisei.net/
---------------------------------------------------------------
マイブログ(テーマ別)
下記全投稿一覧 https://twitter.com/moon3jp
 ・カイトボード  http://moon3kite.blog.jp/
 ・トレイルライドMTB  http://eamtb.blog.jp/
 ・空撮(ドローン) http://moon-flight.blog.jp/
 ・日替な日常   http://moon3.blog.jp/
---------------------------------------------------------------
当ブログの文章・写真等の無断借用は禁止致します。

TOTEM(デザイナー家具)桐たんす

DSC_0084
組子の部分が引き手になっているTOTEM。この部分壊れそうですが壊れません。実用新案なんです。TVボード、スタック式45cm幅の6段。スタック式105cmの4段構成ですが、1段つづ購入も可能です。もちろん総桐たんすです。詳しくは→ここから
DSC_0089

DSC03177

DSC_0080

103ba976-s

猛暑・酷暑のこの夏、貴方の着物は大丈夫?

image
お仕事やご趣味で着物をたくさんお持ちの方、また、数は少ないけれども、代々受け継いだ大切な着物をお持ちの方もいらっしゃるかと思います。でも、衣装箱に入れて、たんすの上や押し入れに仕舞うのはお薦めできません。手前味噌ですが、

ぜひ、桐たんすに。

桐たんすは、湿気の多い時は引出が若干固くなって湿気を防ぎ、乾いた気候になると引出に若干隙間を作り、中の湿気を逃がすようになっています。これにより、引出内部の湿度を一定に保ち着物を守るようになっています。

また、桐はアルカリ性質ですので、虫が付きにくく、さらに、発火点も高く、燃えにくい材です。 桐たんすは値段が高い、と思われている方もいらっしゃると思いますが、 お持ちになっている着物一枚分程度です。わずか一枚分で安心と満足が買えます。

猛暑・酷暑のこの夏、貴方の着物はほんとに大丈夫?

後半スタート

Snap_078
昨日は台風が、当社の東側を通過して行ったようです。風も雨も、ほとんどなく、いつの間に過ぎ去った?という感じでした。お盆期間中の12日に、39.1℃と、過去の記録の中でも初めてであろう猛烈な暑さとなりましたが、後半スタートの今日は 31.1℃(11:13)で、だいぶ過ごし易いです。

8/11-15 お盆休み

DSC03269
中盤戦も本日で終了。梅雨開けてずっと猛暑続きで、先週の土曜日は臨時休業したりしましたが、なんとかお盆まで来ました。明日から15日までお盆お休み。お盆過ぎたら涼しくなることに期待です。なお、ショールームはオープンしてますが、ご来社前に、ご一報いただきますと幸いです。

 (株)総桐箪笥和光   
〒830-0424  福岡県三潴郡大木町三八松1048
TEL/0944-33-1421
FAX/0944-33-1423
http://tansu.com/    
wako@tansu.com

桐たんすの再生のことを「洗い」といいます。

DSC03252
新しい高圧洗浄機が来ました。中央左のグレーのもの。壊れてしまったのは右のもの。記録をみたら2008年3月購入ですから、10年使ったことになります。

再生(洗い・リフォーム)する際、当社では、高圧洗浄機は必需品です。

桐たんすを再生することを「洗う」とか「洗い」とかいいます。古くなった桐たんすは、ほんとに洗うんです。桐材だけですが、桐は独立気泡体といって発泡スチロールのような細胞構造してて、なかなか水が浸み込まないのです。

とりあえず、木目に沿ってタワシでゴシゴシ「洗う」ということをすれば、さっぱりした感じにはなります。それはトノコ(ファンデーションみたいもの)というものを使ってあるからです。成分は土です。それを落とし、陰乾しすることです。でも、「洗う」だけでは、スッピンです。新品並にするには、あとあと化粧(塗装)が必要です。

当社では、さすがにタワシで洗ったりしません。高圧洗浄機で、バーーーっとやってます。圧が高すぎると、木肌を荒らしますから、圧加減と、材との距離は長年の勘です。

そのあとの詳しいことは、ここで、ご覧下さい。
古い思い出のある箪笥を、新品並に再生致します。

DSC_8916
icon_set_arrows_01SITA
DSC_9196


社長
専務
千香子
最新コメント
月別
Google


ブログ内
プロフィール

総桐箪笥和光

Facebookページ
会社の空(気象データ)