桐たんす、組子ベッド(桐)、DNA、新製品情報、日頃の雑事等、物作りの現場から
 (株)総桐箪笥和光   会長   加島清治
〒830-0424 福岡県三潴郡大木町三八松1048
TEL/0944-33-1421 FAX/0944-33-1423
・桐たんす      http://tansu.com/
・組子ベッド    http://kumikobed.com/
・桐たんす再生    http://kagusaisei.net/
---------------------------------------------------------------
マイブログ(テーマ別)
下記全投稿一覧 https://twitter.com/moon3jp
 ・カイトボード  http://moon3kite.blog.jp/
 ・トレイルライドMTB  http://e-bike.blog.jp/
 ・空撮(ドローン) http://moon-flight.blog.jp/
 ・日替な日常   http://moon3.blog.jp/
---------------------------------------------------------------
当ブログの文章・写真等の無断借用は禁止致します。

可愛い??Cute増産中

DSC08076
今月20日から正式に社長となる、息子の考案である、製品名Cuteは、可愛いと人気。その可愛いが私にはさっぱり分からないのですが、ヒット製品になりつつあります。現在まとめて生産中というところです。
Snap_037Snap_038
Cuteの詳しいことは→ここから


ジェットヒーター

DSC08077
現在8:17で4℃。一週間ブリに寒い朝です。
数日前は、昼間は20℃あったのが、本日の予報は7℃。
春になったり冬になったり(^^;)
明日まで寒くて、明後日から気温は上がるようではあります。

本日の朝の清掃

DSC08078
毎朝5〜7分程度ですが、全員でモップかけたり、草取りしたり、と、清掃してます。
本日は、機械拭きでした。

ぬっかぁ〜

DSC08071
11:24現在でも、気温16℃。気象庁の本日の予想は18℃。
湿度もガンガン低くなってきているので、工場は窓全開です。
体感的に、めちゃ、ぬっかぁ〜(温かい)です。
Snap_013

引出しを引いた時に下がらないよう

WIN_20200210_07_55_11_Pro
再生(洗い・リフォーム)を行っている所です。倒してますが、右側が上で、左が下です。突っ張り棒みたいなものが、引出の入る部分の1段に4本ずつ使われてますが、上側から材を接着している所です。これがないと下写真のように、引出を引くと下がるのです。元々無いので、補強しなくてもいいのですが、あとの引き出しの調整もですが、お客様の使い勝手も悪いので、一手間入れて作業しています。
DSC08048



暗黙知と形式知

DSC05930
<IT情報マネジメント用語事典より>
暗黙知とは、"知識”のうち、勘や直観、個人的洞察、経験に基づくノウハウのことで、言語・数式・図表で表現できない主観的・身体的な知のことです。その反対が、形式知、知識”のうち、言葉や文章、数式、図表などによって表出することが可能な客観的・理性的な知のことです。


自転車にまたがっているのは孫。ちゃんと乗れますよ、可愛いでしょ(^_^)

ところで、貴方が自転車にまったく乗れない、なんとか乗れるようになりたいと思った場合、本と、YouTubeの動画とか、たくさんみて、ああ〜、そうなんだぁ〜で乗れると思いますか?

まず、乗れないでしょうね。
何度も倒れながら、また、誰かに補助員となってもらって、体で覚えないとどうにもならない。

本とか動画の部分は形式知。
実際に行わないと分からない部分が暗黙知。

20年くらい前だったか、職人の技をビデオに撮影して残すということが行われている、とTV番組でやってましたが、ほんとにあれで伝わるかは、甚だ疑問。どんなに文書化しても、どんなに映像化しても、そこの所の勘所は、やってみないと分からない部分がたくさんです。

氷山に例えたら、形式知は水面の上の見えている部分。水面下の見えない部分が暗黙知。この両方を知らないと、"分かった"、が、"できた"、に、ならないんです。
hyouzan_ikkaku

ずっと以前、桐たんす職人になりたいと本気で思ってきた方がありました。真面目でした。言われたこと教わったことは、すべてノートに筆記。仕事ぶりからしても、なんとか早く覚えたいという意識があるのがヒシヒシ伝わってきてました。私らも、彼に一日も早くノウハウを教えようと努力しました。

でも、結局、1年で脱落。それは、ノートに書き記すことのできる以外のことが、あまりに理解されなかったのです。例えば、カンナを研ぐ。砥石で研ぐわけですが、尖ったという感じが分からないというのです。刃先に水をつけてみれば、細かい水玉があったらダメ。(私が習ったのは、黒で一直線と教わりましたが)虫眼鏡と、図解で説明しましたが、私は見えているのに、当人は全くみえない。どうしても見えない。何度もやり直しで、一日中カンナ研ぎさせていたことも。本人は、言わなかったけど、いじめていると思われたかもしれません。

引出を合わせる時も、最終的には前板の上にカンナを掛けて微調整しますが、紙の半分、髪の毛一本のくらいの厚みを、全体でなく、どの部分にカンナにかけるかは、ノートに書き記すことができないのです。職人の長年のカンというしか、いいようがないです。

桐たんすには暗黙知がいっぱいです。私がブログに書き綴っているものは形式知。暗黙知は、誰でもできるというものではなく、長年の経験としかいいようがないです。
会長
最新コメント
月別
Google


ブログ内
プロフィール

総桐箪笥和光

Facebookページ
会社の空(気象データ)