桐たんす、組子ベッド(桐)、DNA、新製品情報、日頃の雑事等、物作りの現場から
 (株)総桐箪笥和光   代表取締役   加島清治
〒830-0424 福岡県三潴郡大木町三八松1048
TEL/0944-33-1421 FAX/0944-33-1423
・桐たんす      http://tansu.com/
・組子ベッド    http://kumikobed.com/
・桐たんす再生    http://kagusaisei.net/
---------------------------------------------------------------
マイブログ(テーマ別)
下記全投稿一覧 https://twitter.com/moon3jp
 ・カイトボード  http://moon3kite.blog.jp/
 ・トレイルライドMTB  http://e-bike.blog.jp/
 ・空撮(ドローン) http://moon-flight.blog.jp/
 ・日替な日常   http://moon3.blog.jp/
---------------------------------------------------------------
当ブログの文章・写真等の無断借用は禁止致します。

組子ベッドは国産家具認定商品

jfa[1]

「国産家具」のマークは、日本家具産業振興協会の認定基準に合格したものだけが利用できるものです。審査は厳しく、製品個別に取得する必要があります。当社の組子ベッドは、すべて「国産家具」認定製品です。

組子ベッドの詳しいことは→ここから

画像-シングル-重さ36kg

自宅気象計は10年以上前から

DSC_0036 kazami

この気象計は、風速・風向、室外の気温・湿度、室内の気温・湿度、気圧、体感温度、雨量等が表示されます。これからの梅雨時、室内と室外を比較しながら、工場内の湿度管理を行っていきます。

気象計のデータは一日は10分毎、一週間は8時間毎、1ヵ月は12時間毎にネット上に公開してます。風速風向は全方向から計測可能な屋上に、温度計その他は、工場東側で直射日光の当たらない所に。会社の空は→ここから

いまさらですが、組子ベッドの組立ては簡単

1-1
組子ベッド「あんばい」ですが、動画で示したとおり、2分もあれば組立てられます。
分解もほぼ同時間。工具もいらず、ピンを4箇所止めるだけという、超簡単。

組子ベッドは、スノコの上に組子が乗っているという、特許製品。お布団との接地面が少ないので、お布団の湿気を効率よく分散して、お日様に干したサラサラ感が長く続きます。
組子ベッドの詳しいことは→ここから


深夜の工場内

Snap_132
ワイヤーカムなるものを自作。約1年半かかりましたが、なんとかブレナイ映像に。
夜な夜な、工場でテストした映像のひとつ。

「台輪」とは

daiwa.png
箪笥の一番下に枠が付いてますが、その部分を"台輪(ダイワ)"といいます。台輪(ダイワ)は、湿気を逃がす空間でもあり、また、引出の調子を整える大切な土台でもあります。これがないと箪笥に歪みがおきやすくなります。取外し式と固定式があります。

桐小たんす別注2点完成

DSC_0026-001
どちらも別注ですが、左側のガラス戸付きははじめて。棚も移動式にして問題なく完成。
右側は、ぼたん(整理たんす)の形違い。こういう、別注も承っています。
社長
専務
千香子
最新コメント
月別
Google


ブログ内
プロフィール

総桐箪笥和光

Facebookページ
会社の空(気象データ)