桐たんす、組子ベッド(桐)、DNA、新製品情報、日頃の雑事等、物作りの現場から
 (株)総桐箪笥和光   代表取締役   加島清治
〒830-0424 福岡県三潴郡大木町三八松1048
TEL/0944-33-1421 FAX/0944-33-1423
・桐たんす      http://tansu.com/
・組子ベッド    http://kumikobed.com/
・桐たんす再生    http://kagusaisei.net/
---------------------------------------------------------------
マイブログ(テーマ別)
下記全投稿一覧 https://twitter.com/moon3jp
 ・カイトボード  http://moon3kite.blog.jp/
 ・トレイルライドMTB  http://eamtb.blog.jp/
 ・空撮(ドローン) http://moon-flight.blog.jp/
 ・日替な日常   http://moon3.blog.jp/
---------------------------------------------------------------
当ブログの文章・写真等の無断借用は禁止致します。

年一回更新、PL保険

DSC01201
製品が原因で人や建物に損害を与えた場合に適用される、生産物賠償責任保険とか、製造物責任保険といわれる物が、通称PL保険です。当社は大川家具工業会に所属していますので、団体PL保険を利用しています。年間売上高によって、保険料が変わるので、書類は同じですがその計算が面倒。間違えると直接持って行ったりとさらに面倒になるので、現在はFAXで問い合わせて保険料を算出してもらうことになっています。年に一度のことですが、記入する書類も多く、保険料を間違いなく振込み、書類は郵送と結構な手間です。

デジタル加工とアナログ加工の併用

DSC01182
組子ベッドのヘッドボードを加工しているところです。奥にある数値制御のNCルーターで四角の穴と外周を加工します。そのあとの面取りはハンドルーター。以前は面取りもNCでやってましたが、待ち時間が長くなるだけだったので、現在はNC加工をしている間に、ハンドルーターで面取りとなり、効率的になりました。

たんすの"座り"を整える

DSC00015-w300.jpg

お客さまから、引出が固い開かない、扉が締める時に天板に当たる、という電話があったりしますが、伺ってみると"座り"が違っていることが多々です。

たんすの傾きを整えるのを、"たんすの座りを整える"などと、私らはいいます。

桐たんすといわず、たんす類は設置場所にドンと置けばいいというものではありません。置き方が悪いと、扉や引出の調子が悪くなったりします。

たんすは、工場で生産される時、必ず、たんすの座りを整えてから、引出を指したり、戸を取り付けたりします。ですから、ご家庭の中に据えた時も、必ず、座りを調整する必要があります。桐たんすは、特に精密に作ってあるのでこの調整を怠ると、据えた時点で、あちこち堅くなったり、戸が開かなくなったりします。

座りの調整は、たんすの下側に敷き込みますが、ベニア板等の堅いもの、もしくは、新聞紙などが適してます。敷き込んだあと潰れるようなダンボール類はダメです。

畳の部屋に置く場合、畳は縁の部分が、若干厚くなってますので、どうしても、たんすが、前かがみになります。また、床下の根太の関係でも微妙に傾きが違ってきますし、衣類の入れ具合でも違ってきます。

敷き込む際には、扉の上側の隙間、引出の隙間等を揃えるように少しづづ、敷くものを加えて調整していくことです。たんすの座りを整えることが、たんすを長持ちさせるコツでもあります。

ドアのショック吸収装置(自作)

IMG_4101
4年ほど前、玄関のドアが一瞬の突風で木っ端みじんになったことがあります。今朝も、突風が吹いてドアが開きました。でも、現在は、壁に吸収バネ(約220kg受け止め)を埋め込んでいますので、それがドアを守ってくれてます。自作ですが、これに何度も救われてます。
IMG_4102a

高圧温水洗浄機

DSC_8998
桐たんすの再生(洗い・リフォーム)ですが、金具をハズしたあと、古い塗料(トノコ)や汚れを落とすのに、高圧【温水】洗浄機を使っています。圧力をあまり高めにすると材を痛めますから、痛めない程度にして、【温水】を吹き付けています。なお、冷水では取れません。

昔はタワシと水で、ほんとに洗い落としていたので、そこから、桐たんすの再生のことを”洗い”というようになったようです。ほどほどには、きれいにはなりますよ。

さて、洗ったものは、陰乾しします。桐は発泡スチロールのように独立気泡体という細胞構造を持ってて、中深くまで浸透しないのです。半日ほどで乾きます。

再生(洗い・リフォーム)の詳しいことは→ここから


社長
専務
千香子
最新コメント
月別
Google


ブログ内
プロフィール

総桐箪笥和光

Facebookページ
会社の空(気象データ)