桐たんす、組子ベッド(桐)、DNA、新製品情報、日頃の雑事等、物作りの現場から
 (株)総桐箪笥和光   代表取締役   加島清治
〒830-0424 福岡県三潴郡大木町三八松1048
TEL/0944-33-1421 FAX/0944-33-1423
・桐たんす      http://tansu.com/
・組子ベッド    http://kumikobed.com/
・桐たんす再生    http://kagusaisei.net/
---------------------------------------------------------------
マイブログ(テーマ別)
下記全投稿一覧 https://twitter.com/moon3jp
 ・カイトボード  http://moon3kite.blog.jp/
 ・トレイルライドMTB  http://eamtb.blog.jp/
 ・空撮(ドローン) http://moon-flight.blog.jp/
 ・日替な日常   http://moon3.blog.jp/
---------------------------------------------------------------
当ブログの文章・写真等の無断借用は禁止致します。

今日は前工場長KAZUの三回忌

DSC08919
本日は急性心不全で55歳の若さで逝ってしまった前工場長KAZUの三回忌。当日のことが、嘘のように思え、いまだに残念。けど、私は、KAZUが悔しがるくらいの人生をおくれているか?と、毎日自問して生きるようになった。公私ともだが、間違いなく悔しがっていると思う。

5枚組のところの丸角をトリーマーで取る

DSC08876

うちのNCで、たんすの角を5枚組に加工すると、隅っこがルーターの丸面として残ります。その部分はノコとかノミで取ってましたが、新製品はかなりな数を取るハメに。そこで、製作担当者が思いついた方法はトリーマで取ること。10枚くらいクランプで留めて、一発加工。難題がまた一つ解決です。

桐米びつ製作中〜

DSC08867
5kgの桐米びつは、そう頻繁にでるものではないが、気づいたときには在庫切れ。
急ぎで、製作中〜というところです。

組子を使った桐たんす

DSC08842
試作が終わって、いよいよ取り掛かった、来春発表する、組子を使った桐たんす。
正確を期するために、すべてNC(PC制御)加工となります。
現在、意匠登録、及び、実用新案申請中に付き、お伝えできるのはここまで。
大川家具工業の家具プロジェクトの一貫で、九州産業大学の学生と当社で取り組んだもの。
乞うご期待を!!

引き出しは、パーツごとに合わせた後に組立てます

DSC_8026
製品名「ぼたん」を製作しているところですが、引き出しのパーツである、前板、かき板(側板)、向板、底板を内部にひとつづつ合わせてから組立てます。これが精度の違いにでます。
DSC_8022

この製品の詳しいことは→ここから
24022204
社長
専務
千香子
最新コメント
月別
Google


ブログ内
livedoor プロフィール
Facebookページ
会社の空(気象データ)