桐たんす、組子ベッド(桐)、DNA、新製品情報、日頃の雑事等、物作りの現場から
 (株)総桐箪笥和光   代表取締役   加島清治
〒830-0424 福岡県三潴郡大木町三八松1048
TEL/0944-33-1421 FAX/0944-33-1423
・桐たんす      http://tansu.com/
・組子ベッド    http://kumikobed.com/
・桐たんす再生    http://kagusaisei.net/
---------------------------------------------------------------
マイブログ(テーマ別)
下記全投稿一覧 https://twitter.com/moon3jp
 ・カイトボード  http://moon3kite.blog.jp/
 ・トレイルライドMTB  http://e-bike.blog.jp/
 ・空撮(ドローン) http://moon-flight.blog.jp/
 ・日替な日常   http://moon3.blog.jp/
---------------------------------------------------------------
当ブログの文章・写真等の無断借用は禁止致します。

大木町ふるさと納税特設サイトができてます

Snap_117

大木町ふるさと納税特設サイトができてます。
当社の製品も詳しく紹介されてます。
ここから→https://www.oki-furusato.jp/
Snap_116

除湿機、活躍中

DSC06312
梅雨に入って、ずっと雨。こんな時活躍するのが除湿専用機。
内蔵のタンクでは水がすぐ貯まってしまうので、下のポリケースに直に落ちる仕掛けをしてます。
1日で20リッターほど除湿の水がたまります。

雛が落ちたと一騒ぎ

DSC06307
ツバメにお薦めの巣棚を2つ作ってあげてますが、今年は最初右で巣立ち、今度は左。5〜6羽雛がいますが、今朝、カミサンが雛が落ちたと、慌てて言ってきました。

そしたら息子達が、リフトで落ちた雛をそっと戻してましたが、さらに、落下防止ネットを、急ぎ作り設置してました。

金具の再生にも、こだわりました

DSC_0010

DSC_0016

DSC_0012

上の三枚の写真の箪笥は、ご婚礼用です。新品でなく、当社で再生(洗い)したものです。
この箪笥の再生(洗い)は、金具が錆びていたので、交換するつもりでした。
しかし、雰囲気に近いものが見当たらず、かといって、それなりを付けたら
いままで実家にあった箪笥のイメージと大きく違うことに。

金具自体はしっかりしていたので、某所に相談したら、金具に厚みがあるのでなんとかやってみましょうとなった。でも、成功率は50%。失敗したら、適当な金メッキの金具にすることを条件に。心配はしましたが、見事、ピカピカの金具になって戻ってきました。

再生(洗い・リフォーム)のことは→https://kagusaisei.net/
スマホ等の写真で、見積もり可能です。

DSC_0015

DSC_0019

DSC_0013

DSC_0008



いい板使っているなぁ〜

DSC06241
たまに、木材の等級を示した文字入りのものがありますが、これを作った職人の心意気でしょうね。箪笥の底になるので見えない部分。削らず残しているのは、粋ですねぇ〜。

裏壁を貫通

DSC06239
やりにくいことしていると思いきや、裏壁を貫通し、締め金を使って前面を接着しているのでした。
貫通している壁板は、元々隙間があるので、ここはあとで塞ぎます。
こういうところは、最終的に見えにい部分となりますが、きっちりと仕事してます。

再生(洗い・リフォーム)の詳しいことは→https://kagusaisei.net/

DSC06240


社長
専務
千香子
最新コメント
月別
Google


ブログ内
プロフィール

総桐箪笥和光

Facebookページ
会社の空(気象データ)