桐たんす、組子ベッド(桐)、DNA、新製品情報、日頃の雑事等、物作りの現場から
 (株)総桐箪笥和光   代表取締役   加島清治
〒830-0424 福岡県三潴郡大木町三八松1048
TEL/0944-33-1421 FAX/0944-33-1423
・桐たんす      http://tansu.com/
・組子ベッド    http://kumikobed.com/
・桐たんす再生    http://kagusaisei.net/
---------------------------------------------------------------
マイブログ(テーマ別)
下記全投稿一覧 https://twitter.com/moon3jp
 ・カイトボード  http://moon3kite.blog.jp/
 ・トレイルライドMTB  http://e-bike.blog.jp/
 ・空撮(ドローン) http://moon-flight.blog.jp/
 ・日替な日常   http://moon3.blog.jp/
---------------------------------------------------------------
当ブログの文章・写真等の無断借用は禁止致します。

杉黒芯ベッド、塗装に取りかかりました

DSC04493
杉のベッドペーパー作業が終わり、塗装に取りかかりました。ほどよい色付きになってます。4台製作してますが、この作業は数時間で終わる予定です。塗料は天然無臭柿渋です。来週には、写真撮影し一般公開します。嫌われ者の杉の黒い部分使い、接着剤も塗料も化学物質ゼロ、金釘・ネジもない金属物質ゼロ。いましばらく、お待ち下さい。



新品並の家具再生(洗い)がモットーです

DSC_6960
再生後だけみれば、これが再生されたものとは思われないと思います。当社の手にかかれば、新品並に甦えります。下記は、再生前の写真です。家具再生(洗い・リフォーム)の詳しいことは→ここからなお、今月内のご依頼でしたら、年内お届けが可能です。DSC_6434

パンツのゴムも使いよう

DSC08869
これ、引き出しを作る際に使う、締め金の当て板。ゴムで伸び縮みするので、簡単にパチンとはめることができるので重宝。先日、このゴムをすべて交換してました。バンツのゴムです(^_^)。

杉ベッド・組立てにかかる

その名前はまだない。
嫌われ者の杉の黒い部分使い、接着剤も塗料も化学物質ゼロ、金釘・ネジもない金属物質ゼロ。
各パーツの加工が終わり、組立てに取りかかりました。
DSC04351

DSC04353

外丁番の外が外れる

Snap_094
再生(洗い・リフォーム)の外丁番を取り付けたものの、元々のロー付けが弱かったらしく、そこが錆び、開け閉めしていたら外れてしまいました。取り付ける前に、ここらへんチェックはしてますが、見極めが難しいです。

締め金


DSC_0021

引出などを組んだ際、接着材が乾くまで、ちょっと押さえておくのに、”締め金”というものを使います。
大小、約100本ほどあります。

DSC_0002-001

社長
専務
千香子
最新コメント
月別
Google


ブログ内
プロフィール

総桐箪笥和光

Facebookページ
会社の空(気象データ)