桐たんす、組子ベッド(桐)、DNA、新製品情報、日頃の雑事等、物作りの現場から
 (株)総桐箪笥和光   代表取締役   加島清治
〒830-0424 福岡県三潴郡大木町三八松1048
TEL/0944-33-1421 FAX/0944-33-1423
・桐たんす      http://tansu.com/
・組子ベッド    http://kumikobed.com/
・桐たんす再生    http://kagusaisei.net/
---------------------------------------------------------------
マイブログ(テーマ別)
下記全投稿一覧 https://twitter.com/moon3jp
 ・カイトボード  http://moon3kite.blog.jp/
 ・トレイルライドMTB  http://e-bike.blog.jp/
 ・空撮(ドローン) http://moon-flight.blog.jp/
 ・日替な日常   http://moon3.blog.jp/
---------------------------------------------------------------
当ブログの文章・写真等の無断借用は禁止致します。

朝からムカデ競争???5

工場長の朝礼は楽しみだ。とりあえず私がテーマは与えているが話す内容は任せている。
こないだは、挨拶というテーマ。お互い大きな声でということで、軍隊のように点呼させられた。
1,2,3,4,5・・・・と。

昨日は、一体感ということでムカデ競争。足こそ結ばないが、全員一直線らなって肩に手を置き、かけ声とともに、いちに、いちに、でした。

次の朝礼で何させられるやら、でも、ちょっと楽しみ(^_^)

ピカピカの九州国立博物館

207c0aec.jpgピカピカの九州国立博物館に行ってきました。
初日が15000人ということでしたので、当分込むだろうと、山手の県道35号線から入りました。
到着したのは9時15分。駐車場もまばら。入場券売り場列びましたが、30人目くらいでした。
9時半の開場近くは100名ほどになり、団体客は別入口から続々入場してました。

中に入って、まず壮観なのが天井の高さ。丸太がとめてあって、新しいさの中に古代を感じる
雰囲気が漂ってました。展示で印象に残ったのは「金印」です。志賀島で出土したもの含め3個展示してありましたが、何度みても、三国志好きの私には、その接点がここにある、目の前にある、ということに、心高まるのでした。

4階の展示室の入口にあるシアター4000は必見です。
なにせ、4.4×7.8mの大画面がハイビジョンの16倍の解像度。
隅からすみまでとてもきれい。常設では世界初ということでした。
画像の美しさだけに見とれて、何が放映されていたか内容を覚えてな〜い(^^;)、

□□ 九州国立博物館 □□

五穀米のおにぎり

午前中は、お客様のところに配達でしたが、据付も終わってお茶でも一杯となりました。ありがたいことです。
お茶と一諸に、「今朝炊いて、にぎりました(^_^)」と、紫色した五穀米のおにぎりを出されました。ありがたいですね〜〜。こんな心のこもったもてなしは感激します。初めての五穀米でしたが、たいへんおいしくいただきました。ありがとうございました。

ケツ筋肉痛〜〜

朝起きたらケツの両側の筋肉が痛い。
思い当たるのは、昨日、展示会の搬出をする際に、いままでと違ったことやってました、それは、スボットライト外し。いつもは、私より若いものの仕事として、脚立で取ってもらうのであるが、昨日は、カミサンと私だったので、2m程ある脚立を使うハメに。脚立の一番上まで昇って、平らな部分に立つのだけど、この立つ瞬間がめちゃめちゃ怖い。以前、弟はこれで落ちたことがあるそうで、それ以来、脚立の昇るのが超ヘッピリ腰となった。それを聞いていたので、落ちないように、そっと立つのだけど、この時にお尻の筋肉に負荷が加わっていたようで、ケツ筋肉痛〜となったのでした。

驚愕してました。

展示会も初日は満員御礼状態でしたが、2日目は暇でした(^^;)

営業の専務の邪魔なので、展示会にはめったに顔出ししませんが、今回は、お客様の「組子ベッド」の反応を知りたくて終日いました。

賞を取ったこともあり、かなりの方にご覧いただきましたが、中でもベッドメーカーは驚愕していました。「組子ベッド」は従来のベッドメーカーの発想からは生まれなかったと思ってます。桐たんす屋で、しかも布団派の私だからできた製品と自負してます。大手からのお声掛けいただき、満足いく展示会でした。

なお、「組子ベッド」は、商標登録申請中、特許申請中です。
モノマネなさらぬようにご注意申し上げます。

学びと気づき

学ぶ場所として、学校、職場、書籍、TV等々あるが、それらの学びを、串刺しにするようなヒラメキが「気づき」だと思う。
社長
専務
千香子
最新コメント
月別
Google


ブログ内
プロフィール

総桐箪笥和光

Facebookページ
会社の空(気象データ)