桐たんす、組子ベッド(桐)、DNA、新製品情報、日頃の雑事等、物作りの現場から
 (株)総桐箪笥和光   代表取締役   加島清治
〒830-0424 福岡県三潴郡大木町三八松1048
TEL/0944-33-1421 FAX/0944-33-1423
・桐たんす      http://tansu.com/
・組子ベッド    http://kumikobed.com/
・桐たんす再生    http://kagusaisei.net/
---------------------------------------------------------------
マイブログ(テーマ別)
下記全投稿一覧 https://twitter.com/moon3jp
 ・カイトボード  http://moon3kite.blog.jp/
 ・トレイルライドMTB  http://eamtb.blog.jp/
 ・空撮(ドローン) http://moon-flight.blog.jp/
 ・日替な日常   http://moon3.blog.jp/
 ・PC雑記帳   http://pcz.blog.jp/
---------------------------------------------------------------
当ブログの文章・写真等の無断借用は禁止致します。

空調服

87952b6c.jpg昨年まで長袖だけだったのが、今年は半袖も追加されてましたので、おもわず衝動買い(^^;)
シャツの部分は、ボタンの所の左右の被せが幅広になっていることと、腰の部分に送風機の穴が左右に2つ、木地は普通より若干厚い程度でした。気ごごちは、普通のワイシャツ。重い感じもない。送風器は単三電池4個で10時間ほど持つようにはなってます。

さて、着込んでスイッチオン。背中側が少し膨らみ、首筋まで風がきます。体温が高かったので、ムッとした感じ(^^;)。汗をかくと良さが分かるとと書いてはありましたが、本日は、雨で蒸し暑いだけの日。

冷房の入っている部屋でデスクワーク。30分ほど使っていたら、送風器の風があたる部分が集中的に冷えて、こわばった感じしてきましたので脱ぎました。背中側の臓器になんらかの負担がかかるような感じがします。

晴天のカンカン照りの時に、また、使ってみます。

【楽天市場】Yシャツタイプ 空調服:空調服

「夢楽」にダブル、セミダブルを追加

5760ab20.jpg組子ベッドの「夢楽」は、シングルだけで行こうと思ってましたが、お客様からのダブル要望も多く、また、構造的な部分が解決できたので、ダブル、セミダブルを追加しました。

桐ベッド(組子ベッド)「夢楽」

ご主人からのブレゼントに感激

0349ce40.jpgプレゼントは思いがけないほど感激し感動するものです。
昨日の配達先でのできごとです。組子ベッドを発注されたのはご主人。たいへん気に入ってもらって某展示会で2台ご購入。納品に行ったら奥様だけ。開口一番「通販のすのこベッドは安いのもあるのに、主人にキャンセルしたらと言ったら、もうキャンセルでけん、と言われました」と。フレームの四角の部分を搬入していたら、とても怪訝そうな眼。「それがベッド??」「はい、横のフレームの部分です」と、パーツを次々と部屋に。パーツを並べても、奥様は、これがどのようにベッドになるか心配顔。
フレームにヘッドボード、そして、フットボード。スノコをおいて、最後に組子を乗せて完成。スノコの段階でも、何さ、すのこベッドじゃん、てなお顔でしたが、組子が乗ってから、すごく興味をもたれ、さらに説明を加えると感激されてました。
ご主人は、ベッドが組み上がった頃に帰ってこられましたが、奥様を喜ばそうとベッドに関してあまり説明されてなかったようです。奥様には、とてもいいプレゼントになったようです(^_^)

燃えるかも、、、お〜〜怖!!

トラックトラックで配達にでて納品も無事終わって、昼飯で立ち寄った店でトラブル。トラックを止めようとハンドルをいっぱい切って動かしたら、下の方からへんな音と、油の臭いと、白煙。あちゃ〜〜です。とりあえず動くもののパワステが一発で効かなくなりました。激ハンドルおもしとなりました。まぁ、そろそろでも走れるからと、店に入って、いつもの整備工場に電話したら、「こないだもそういうところがあって、走っていたら、火が付いて一台燃えましたよ。取りにくるから動かさん方がいい」と言われ、ビックリ。あと一件配達があって、トラックの中に一棹入っている。燃えちゃう〜しょうがないと、会社からワゴン車を一台、それと整備屋さんには、トラックを取りに来てもらうようにお願いしました。福岡迄でていたので約2時間待ち(^^;)

こういうこともあら〜〜な、です。幸い、あとの配達は、時間にゆとりのあるお客様であったので、トラブルの説明もせず、何事もなかったようにスムース運びました。

日本一固いせんべい

bc932b46.jpg写真は、その昔、伊賀の忍者が、敵方の屋敷にひそかに忍び込み、屋根裏や軒下、物置などに隠れ、敵状を視察し、ときに攻撃の機を待つ時、かさが少なく,かつ滋養にとむ「かたやき」を食料として携帯した。当時伊賀の忍者は刀の鍔や基礎石などに打ちつけて割って食べたものです。今では「かたやきは」伊賀名物のうち第一番にかぞえられるもので歴史の古い珍菓となっています。

こんなものを、配達先のお客様のところいただいてきました。厚みは12mm、超〜〜すげぇ〜固い。固いので、小さい木槌がおまけでついてます。バリバリというより、ボリ!ガリ!ボリ!!ガリ!!。噛み砕く度に、その音が頭の中を共鳴し、脳の血管がブルブルと振動して不純物が流れていくような感じすらする。当然、頭もスッキリ。
丸いままだと、まったく歯がたたない。ほんとに木槌で割って食べるしかない。でも、おいしい(^_^)
社長
専務
千香子
最新コメント
月別
Google


ブログ内
livedoor プロフィール
Facebookページ
会社の空(気象データ)