桐たんす、組子ベッド(桐)、DNA、新製品情報、日頃の雑事等、物作りの現場から
 (株)総桐箪笥和光   代表取締役   加島清治
〒830-0424 福岡県三潴郡大木町三八松1048
TEL/0944-33-1421 FAX/0944-33-1423
・桐たんす      http://tansu.com/
・組子ベッド    http://kumikobed.com/
・桐たんす再生    http://kagusaisei.net/
---------------------------------------------------------------
マイブログ(テーマ別)
下記全投稿一覧 https://twitter.com/moon3jp
 ・カイトボード  http://moon3kite.blog.jp/
 ・トレイルライドMTB  http://eamtb.blog.jp/
 ・空撮(ドローン) http://moon-flight.blog.jp/
 ・日替な日常   http://moon3.blog.jp/
 ・PC雑記帳   http://pcz.blog.jp/
---------------------------------------------------------------
当ブログの文章・写真等の無断借用は禁止致します。

組子ベッド小冊子・全面改定

ae5f19a3.jpg組子ベッドの小冊子が分かりにくいというブーインブを受け(^^;)全面改定しました。新製品も含め、よく分かりやすくなりました。A5版16ページの全カラーです。ご請求は、下記から"組子ベット小冊子希望"と申込み下さい。

組子ベット・お問い合せフォーム

凄いぞ、さげもん

b19ec2f2.JPG聞くところによると娘の嫁ぎ先は、ひな祭のさげもんが一番派手な地域らしい。今日は、ご招待受けましたので、本物を拝見しに行きましたが玄関から客間まで、さげもんが一杯でした。一つ一つが手作りには驚きます。これを見に、1ヶ月の間に200人も来られたそうです。自宅見学が終わってから、柳川のお花で披露宴。親戚一同集まって、こりゃまた盛会でした。

ひな段は焼き桐になっていて、廻りのハデてにしっくりと来てました(^_^)
2006/03/21 さげもん祭(ひな祭)写真集
さげもんめぐり

サーバー移転しました

レンタルサーバーを10年目にして移転しました。
ネームサーバーを書き換え後、6時間ほどで、まず、事務所にある一台が新しいサイト反応。あれ、同じLAN上でありながら、私のは古いサイトのまま。他のパソコンと見れれば、左隣は新サイト。後ろの3台は古いサイト。ノートパソコンは新しいサイトとバラバラ。サポートに電話したら、同じLAN上であってもそういう症状がでます、72時間で全世界に伝達されますから、とうことでした。12時間後、後ろ2台とノートが新サイトを表示。最後まで残った私のパソコンは26時間後。知人の所は30時間後と、順調にサイトが入れ替わりました。
ホームページのCGIも、メールもすべて順調で、スムースに移転完了しました。

なお、新しいレンタルサーバーは、ファーストサーバーです。
共有レンタルサーバ 大容量 : ギガント・シリーズ

ワールドベースボールクラシック

bea96dd2.jpgお天気も悪かったし、留守番の当番でもあったので、ちょっとTVをみるつもりが、終わり迄見てしまった。ワールドベースボールクラシック。野球は面白いね〜。
6−0の時は安心してしたが、6−5になった時は、こりゃあかん、と思いきや終わってみれば10−6での圧勝。
1次リーグでは得失点差で2次リーグに。韓国に2回も負けたが、メキシコがアメリカに勝ったので準決勝に。まさに神風が後押しした気がする。強運であるが、これは、まさしく、"あきめない"の勝利だとも思う。

イチローも自分を替えてでもチームを引っぱったのには、WBCの優勝が悲願だったからと思うが、それをやれるということが素晴らしい。また、王さんは、歴史に残る名監督になった。忘れもしないホークスの監督に成り立ての頃は負け続けた為、心ないファンから生卵をぶつけられるという屈辱にあわれたことがある。その後、王さんは、イチローと同じく自分を替えることとなるが、それに気づき、その後何度も優勝。WBCの采配も素晴らしかった。

桐たんすも積めるミニバン

viger v-han
先々月は高速道路走行中にエンジンルームから煙、先月は交差点で事故でトラブル続き。修理に1ヶ月半。戻ってきて一安心。ということで、私(社長)の車を紹介しましょう。

クライスラー・ボイジャー(LE)といいます。元祖ミニバンです。購入時は全世界で600万台の販売実績といってましたが、7年目になりますが、こちらでは、いまだに数台しか走ってません。九州での登録は第一号でした。アメリカ製ですが、このボイジャーだけはドイツで生産していると聞いています。購入当時はクライスラー。いまは、ダイムラークライスラーで、ベンツと同じとなりました(^_^)

最初の出会いは、車がでていると知らないで入ったアウトドアショー。その時は、まだ仕様が固まってないということで、後部座席から覗くだけで、運転席は立ち入り禁止でした。

その後数ヶ月たって、別のところの新車発表会で、やっと運転席にすわことができましたが、その時分かったのが、チェンジレバーと方向指示レバーが、国産と逆(^^;)
このボイジャー、細部はほんとにおおざっぱ、隅っこなんか、しっかり止めてないのだから。社内はオーディオカセットが付いているだけのシンプルさ。車幅が1950mmとワイド。う〜〜ん、これ乗りこなせるかな〜〜という気持ちが先に。

この車、国産車にない室内とスペースが気に入りました。5ドア、リヤドアスライド式、7人乗り、本皮シート、セカンドシート、サードシート脱着可能。お客様の送迎にも使ったりしますので、本皮シートの7名乗りは好感度バツグン。特に、助手席の後ろの席は、まるで、新幹線のグリーン車なみ。セカンドシート、サードシートを取り外すと、なんと、4尺の和箪笥がべタで乗っちゃます。車幅の1950mmはここに生きてきます。

お客さま乗せたり、桐たんす乗せて運んだり、アフターファイブで使ったりと、たいへん重宝してます。ずっと乗りつつけるでしょう。現在走行距離17万キロ。でもエンジンはいまでに絶好調です

v-right v1-3

社長
専務
千香子
最新コメント
月別
Google


ブログ内
livedoor プロフィール
Facebookページ
会社の空(気象データ)