桐たんす、組子ベッド(桐)、DNA、新製品情報、日頃の雑事等、物作りの現場から
 (株)総桐箪笥和光   代表取締役   加島清治
〒830-0424 福岡県三潴郡大木町三八松1048
TEL/0944-33-1421 FAX/0944-33-1423
・桐たんす      http://tansu.com/
・組子ベッド    http://kumikobed.com/
・桐たんす再生    http://kagusaisei.net/
---------------------------------------------------------------
マイブログ(テーマ別)
下記全投稿一覧 https://twitter.com/moon3jp
 ・カイトボード  http://moon3kite.blog.jp/
 ・トレイルライドMTB  http://eamtb.blog.jp/
 ・空撮(ドローン) http://moon-flight.blog.jp/
 ・日替な日常   http://moon3.blog.jp/
---------------------------------------------------------------
当ブログの文章・写真等の無断借用は禁止致します。

松井木工さんから組子ベッド発表

af5f5ee5.jpgライセンス契約第一号

広島県府中市の松井木工さんと組子ベッドのライセンス契約をしてましたが、今回の府中の展示会にてMOVEシリーズとして発表されました。フレームにはナラのウレタン仕上げ。組子はオプションしてあります。 詳細については、松井木工株式会社さんに直接お問い合せください。

組子ベッドは、当社の特許出願中製品です。類似品の製造、販売には断固たる処置を致します。
なお、ライセンスを受けたいメーカー様ございましたらご連絡下さい。

床高を3通りにできる、sweet-2

sweet2
床高を3通りにできる、sweet-2のサイトを作りました。
また、お見積フォームも作成しました。
桐ベッド(組子ベッド)「sweet-2」

コチコチ、コツコツ

2bec73f4.jpg写真は事務所に掛かっている時計です。33年前にいただいたもので、いまでもちゃんと時を打ってます。この時計は、この地に工場を新築した時に、社員から贈られたものです。何か記念になるものと散々社員間で話あったようで、商売繁盛を願うものとして、また、事務所に長く飾ってもらえるものとして、振り子時計になったそうです。大きかったら邪魔になるし、小さかったら見栄えがしないしと、いろんな店を回って探したそうです。また、振り子が振れる際にコチコチとほどよく音が鳴るものを選んだそうです。贈呈された時に、社員代表はこう言い添えました。「この時計、コチコチと時を打ちますが、商売繁盛もコツコツ粘り強く積み重ね、という思いでこの時計を選びました」と言ってました。毎月1日と15日に、この時計のネジを巻きますが、その度に、社員が言った言葉が思い出されます。商売はコツコツ。

爆笑〜〜

チ
大木こだま・ひびき「チ」である。カーラジオで聞いて爆笑〜してしまった。近所のCD屋に行ったら、取り寄せです、といわれた。売れてんのかな〜。ほんまか〜〜???アマゾンでみたら1050円。安いな〜〜。まぁ、音楽というよりネタ話しだからかな。取りよせてみたら28分。チッチキチーや〜〜!!
年齢が近いとこに共感。若手の漫才に負けるなよ〜〜声援も込めて、久びさにCD購入。

花祭でした

hanamaturi-1551hanamaturi-1546hanamaturi-1544





本日5月8日はお釈迦様の誕生日。この日は、毎年お参りしています。でも、門徒でもなく、信者でもありません。

お釈迦さまのあるお寺は、福岡県は瀬高町にある清水寺。そこの三重の塔の中にあります。ご開帳は年一回、5月8日のみなので、その存在はほとんど知られてません。そこのお釈迦様、実は私のおやじの作なのです。

なんで、お釈迦さまを彫るようになったかが、聞いてビックリでした。自転車で約1時間ほどかかるお寺に、ひょいと出でいった親父。もちろん、信者でも門徒でもありません。一度も面識のないお寺のご住職に会って、何か彫らせて欲しいと言ったそうです。でも、そのご住職もエライ、なんかピンと来たのでしょうね。実はここの三重の塔には、以前お釈迦様があったのですが盗難にあい、いま空なのです。できれば、そこのお釈迦様を彫っていただきたい」ということだったと、聞きましたが、ほんとに呼ばれて行ったかのようでした。

日を改めて、据付場所の確認に、私も一諸に三重の塔の中に入り、ついでに最上階まで昇らさせていただきましたが、そこから見る眺めは素晴らしく筑後平野が一望。いまは立ち入り禁止で、あがれないのですが絶景でした。

さて、彫るとなって材料探し、そしたら材料屋さんが、そういうことならと秘蔵の材料、それもお釈迦様の聖地インドに由来のあるものを。素晴らしいクス材を提供されました。彫り上がったら、なんと胸元は木目は左右対称にふっくらとでてきてビックリ。

目線が結構下向きだったので、なんでこんなに下向き?と私が言ったら、5mくらい上に上がるから、下から拝むと、ちょうど目線が会うと、言われ、実際、三重の塔の中に納めたら、まさにそのようになってました。

ノミ入れ式では、ご住職から彫るのでなく彫り出して欲しいと挨拶がありいい表現だな〜と感心したり。完成して奉納。たくさんの門徒の方が我先に拝みたいと来てありました。その数日後開眼式が改めて行われました。

数ヶ月後、親父と私ででかけ、お釈迦様と台座の間に、材を乾燥させる為に5センチ程度の角材を引き込んでいたものを、そろそろ取ってもいいだろうとお寺に伺ったところ、三重の塔は寺のものではありますが、火災・盗難にあったこともあり町の管轄となっているので、すぐ開けられないということで引き返したことがあります。最初に三重の塔に入った時は、特別に町の方を呼ばれていたのでした。

写真は本日の撮影してきたものです。5月のさわやかな風が吹く中、いままで一番、お参りが多かった気がします。
社長
専務
千香子
最新コメント
月別
Google


ブログ内
livedoor プロフィール
Facebookページ
会社の空(気象データ)