桐たんす、組子ベッド(桐)、DNA、新製品情報、日頃の雑事等、物作りの現場から
 (株)総桐箪笥和光   代表取締役   加島清治
〒830-0424 福岡県三潴郡大木町三八松1048
TEL/0944-33-1421 FAX/0944-33-1423
・桐たんす      http://tansu.com/
・組子ベッド    http://kumikobed.com/
・桐たんす再生    http://kagusaisei.net/
---------------------------------------------------------------
マイブログ(テーマ別)
下記全投稿一覧 https://twitter.com/moon3jp
 ・カイトボード  http://moon3kite.blog.jp/
 ・トレイルライドMTB  http://eamtb.blog.jp/
 ・空撮(ドローン) http://moon-flight.blog.jp/
 ・日替な日常   http://moon3.blog.jp/
 ・PC雑記帳   http://pcz.blog.jp/
---------------------------------------------------------------
当ブログの文章・写真等の無断借用は禁止致します。

こりゃワカンわ〜〜

食堂のエアコンのスイッチが入らなくなったと言ってきた。もう20年以上使っているから室外機はボロボロ。電器屋さんからは、動いているのが奇跡的、と言れている代物。とうとう寿命か?

半分以上諦めて、いや、90%以上諦め気分でエアコンをみることにした。確かにスイッチが入らない。よく聞いてみるとスイッチ入れたら瞬間入ってすぐ切れたという。テスターでコンセント測ってみた。0V。つまり、コンセントに電気がきてない。ここまでは分かった。

それで、工場にあるブレーカーを全部見た。関係ないと思われるところまで見た。約30個。全部ON。あれれれれ〜〜である。単相200V。私の記憶とカンで、このブレーカーに違いないと!!
それで、ブレーカーを通さず、ダイレクトに接続してみた。
やったーーーー。エアコン稼働。儲かった〜〜、、、、気分(^_^)
ようするに、ブレーカーが壊れていたのでした。外見上はなんの不具合なし、それで壊れてるんだから、こりゃワカランわ〜〜〜〜、でした

ああ!おっとっと(^^;)

久留米インター側のベスト電器に行った。裏通りで一直線のヤマダ電器にも行った。
どちらも、ガンガン音楽鳴ってうるさい。こういう店は、いまだに好きになれない。

ところで、どちらも売り場は2F。入口の雰囲気も似ている。エスカレータの位置も同じ。
でも、昇りエスカレータは、ベストは右。ヤマダは左なのである。
ベストの方に10回行くとすれば、ヤマダは1回の私としては、これには参ってしまう。。

ヤマダ電器でエスカレータ乗ろうとしたら、昇りのつもりが下りでビックリしてコケそうになった。
おっとっとと、である。統一してもらいたいな〜〜。

生きているのも、出会うのも奇跡的

地球の人口100億人。
精子と卵子が出会うのが5億分の1。
人の一生が80年として、秒になおすと、25億秒。

生きている確率 単純に(100億×5億)/1
袖振り合うも多生(他生)の縁の確率 (100億×5億×25億秒)/1

生きている私らは運命共同体。

TVとインターネットの融合

今度はTBSと楽天で株の争奪戦が始まった。

10年以上前だったと思うが、2010年にはいまのテレビがデジタルに替わってインターネットとの境目がなくなるという話を聞いたことがあります。それが、除々に近づきつつある気がします。

インターネットの双方向性とTVの広域性が、どういう形で融合していくか、ずっと気になってましたが、ライブドアとフジテレビはニアミスで終わって、株の争奪戦では、融合は無理かと思ってました。でもまた、新たな火種がついた感じです。

TVとインターネットの融合は、デメリットより、お互いのメリットを生かせることの方が多いと私は思います。

繁盛を祈る

ショールームでお買い上げの方で、ちょうどお昼時になったら食事にお誘いすることにしてます。
柳川の日本料理の山田屋さんをひいきにしてます。駐車場の広さ、店の雰囲気、味と、三拍子揃って
いて当社のお客様は大変満足されます。「お昼の食事券」を発行してもらってますので、お客様は
その券を渡せば料理が運ばれてきます。

八女インターからお越しのお客様にも、どこかないかと探してますが、八女インター側のフラボン弐番館
駐車場の広さ、店の雰囲気、味と、三拍子揃ってますが残念ながら「食事券」に金額入ってます。
食事はあくまで心づくしですから、これで喰っておいてと金額入りはさすがに渡せません。

前置きが長くなりましたが、
筑後駅の前に、○○屋という、ちゃんこ屋さんがあります。ここが最近店内改装されたと聞いて
言ってみましたが、残念ながら、当方のお客様はとても連れていけません。

店内改装前は、ひどいもんで、入口に駄菓子や、久留米かすりの販売コーナーがあり、
入った瞬間、ここは服屋か、駄菓子屋かと思ったくらい。しかも、横の小部屋からは、
きたなく、薄暗い厨房が丸見えでした。

改装されてどうなったかといえば、店内は確かに小綺麗になりました。厨房も見えなくなりました。
入口にあった、ヘンテコ商品もなくなってました。
小部屋の和室もすべてコタツスタイルで、畳敷きでも、椅子の感じで座れるようになってました。
ここまでは、よかったのですが、あとはダメダメ。

まず、掛かっている音楽がボサノバ。全然室内の雰囲気にあってない。室内の照明も、壁も、貼り替えてきれいであるが、デザインがちぐはぐ。メニューをみてみれば、カラープリンターで打ち出してはあるものの、普通紙の色付きで印刷してある為、ぼさ〜〜とした印字。料理の画像も薄褪めた感じで、おいしそうというイメージとは、ほど遠い。また、文字も普通の行書体。それを並べただけ。文字も勢いもなく、貧相という感じすらする。

で、味はどかといえば、これが最悪。だって弁当の味だもん。喰ってて腹立ってきました。
こんな店でもやっていけるは、近くに競合店らしきものがないのが幸いしていると思いたい。
気づきというのは、自分とこだけみてても分からない、ということである。
社長
専務
千香子
最新コメント
月別
Google


ブログ内
livedoor プロフィール
Facebookページ
会社の空(気象データ)