桐たんす、組子ベッド(桐)、DNA、新製品情報、日頃の雑事等、物作りの現場から
 (株)総桐箪笥和光   代表取締役   加島清治
〒830-0424 福岡県三潴郡大木町三八松1048
TEL/0944-33-1421 FAX/0944-33-1423
・桐たんす      http://tansu.com/
・組子ベッド    http://kumikobed.com/
・桐たんす再生    http://kagusaisei.net/
---------------------------------------------------------------
マイブログ(テーマ別)
下記全投稿一覧 https://twitter.com/moon3jp
 ・カイトボード  http://moon3kite.blog.jp/
 ・トレイルライドMTB  http://eamtb.blog.jp/
 ・空撮(ドローン) http://moon-flight.blog.jp/
 ・日替な日常   http://moon3.blog.jp/
---------------------------------------------------------------
当ブログの文章・写真等の無断借用は禁止致します。

"桐材"そのものについて

桐花桐幼木鳳凰



まず、桐には鳳凰が宿るといわれています。
鳳凰とは、中国の伝説の鳥で、姿は黄金に輝き燃えるような五色に彩られているとされます。首は蛇のように長く、龍の紋と鶏の嘴を持ち、高さ五、六尺(一・五〜一・八メートル)天下太平の時にしか現れず、東方より太陽の光に乗って飛んでくるといいます。羽を広げた孔雀に似ているともいわれています。また手塚治虫氏の「火の鳥」も、この鳳凰がモデルになっているのでは?ともいわれています。鳳凰が飛ぶ時は雷が鳴らず風雨も起こらず、河川は溢れず、他の鳥や虫も鳴くことは無く、翼のはためく音は、瞎(しょう)の音のようだといいます。鳳凰は雌雄二羽で夫婦和合のシンボルでもあります。鳳が雄で「節節」と鳴き、凰が雌で「足足」と鳴きます。この鳥は決して殺生せず、"桐"に宿り、竹の実以外は食べないとされています。

桐という文字自体にもヒミツがあります。”桐”は、最初に伸びた根をそのまましておくより、一度根元から切る方が、元気のよい新芽が出てかえってよく成長する性質があるので、”一度切る”ところから「キリ」という名がついたと云われています。また、ゴマノハグサ科の名の通り、草の仲間で木と同じ(木+同=桐)というところから桐の名がついたとも云われます。幼木の間は、成長が著しく早いので成長のシンボルでもあります。昔は女の子が生まれると桐の木を植え、嫁ぐ時に、その桐の木でタンスを作ったそうです。

さて、その桐の特長はといえば、非常に熱伝導率が高いということです。手を当てると暖かく感じるのはその為です。桐材を顕微鏡でみると独立気泡帯となっており、それと同じものは、発泡スチロールや、プールで使うビート板と同じ構造体なのです。桐の発火点は400度以上と燃えにくく、一度炭化すると言われているので燃えにくくもあるのです。

桐は燃えにくくとても軽い、また湿度により膨張したり収縮したりする、という日本の気候風土にもあっていた為、家具に使い始めたという先人の知恵でもあるのです。また、桐材は、アルカリ性である為と、桐材自体にタンニンという虫を寄せ付けにくい成分が含まれています。また、当社で調べた結果、遠赤外線は木炭よりも多く、焼桐にいたっては、マイナスイオンは木炭の3倍あることも分かりました。

諸々の条件から、桐たんす、また、桐のベッドが"桐"でなければならない理由がここにあります。

桐に絵が

8d071532.jpg柳川の御花の資料館に入ったところ、お宝一杯の中に、桐材に絵を描かれたものがありました。写真では杉のように見えますが桐です。思わぬところで、桐をみると、嬉しくなったりします。

組子ベッド小冊子・全面改定

ae5f19a3.jpg組子ベッドの小冊子が分かりにくいというブーインブを受け(^^;)全面改定しました。新製品も含め、よく分かりやすくなりました。A5版16ページの全カラーです。ご請求は、下記から"組子ベット小冊子希望"と申込み下さい。

組子ベット・お問い合せフォーム

凄いぞ、さげもん

b19ec2f2.JPG聞くところによると娘の嫁ぎ先は、ひな祭のさげもんが一番派手な地域らしい。今日は、ご招待受けましたので、本物を拝見しに行きましたが玄関から客間まで、さげもんが一杯でした。一つ一つが手作りには驚きます。これを見に、1ヶ月の間に200人も来られたそうです。自宅見学が終わってから、柳川のお花で披露宴。親戚一同集まって、こりゃまた盛会でした。

ひな段は焼き桐になっていて、廻りのハデてにしっくりと来てました(^_^)
2006/03/21 さげもん祭(ひな祭)写真集
さげもんめぐり

サーバー移転しました

レンタルサーバーを10年目にして移転しました。
ネームサーバーを書き換え後、6時間ほどで、まず、事務所にある一台が新しいサイト反応。あれ、同じLAN上でありながら、私のは古いサイトのまま。他のパソコンと見れれば、左隣は新サイト。後ろの3台は古いサイト。ノートパソコンは新しいサイトとバラバラ。サポートに電話したら、同じLAN上であってもそういう症状がでます、72時間で全世界に伝達されますから、とうことでした。12時間後、後ろ2台とノートが新サイトを表示。最後まで残った私のパソコンは26時間後。知人の所は30時間後と、順調にサイトが入れ替わりました。
ホームページのCGIも、メールもすべて順調で、スムースに移転完了しました。

なお、新しいレンタルサーバーは、ファーストサーバーです。
共有レンタルサーバ 大容量 : ギガント・シリーズ
社長
専務
千香子
最新コメント
月別
Google


ブログ内
livedoor プロフィール
Facebookページ
会社の空(気象データ)