桐たんす、組子ベッド(桐)、DNA、新製品情報、日頃の雑事等、物作りの現場から
 (株)総桐箪笥和光   代表取締役   加島清治
〒830-0424 福岡県三潴郡大木町三八松1048
TEL/0944-33-1421 FAX/0944-33-1423
・桐たんす      http://tansu.com/
・組子ベッド    http://kumikobed.com/
・桐たんす再生    http://kagusaisei.net/
---------------------------------------------------------------
マイブログ(テーマ別)
下記全投稿一覧 https://twitter.com/moon3jp
 ・カイトボード  http://moon3kite.blog.jp/
 ・トレイルライドMTB  http://eamtb.blog.jp/
 ・空撮(ドローン) http://moon-flight.blog.jp/
 ・日替な日常   http://moon3.blog.jp/
 ・PC雑記帳   http://pcz.blog.jp/
---------------------------------------------------------------
当ブログの文章・写真等の無断借用は禁止致します。

巨大な桐箱、最終仕上げに。

DSC02532
やはり、サイズのデカイものは、小箱が大きくなっただけの作業とは違うようで、ちょっと動かすにも体力勝負。面が平らになるように、カンナをかけた後、ペーパーサンダーの最終仕上げになったようです。

隠し持っていたものは・・・・

DSC02469

クイズ:板に何かを持って、なでてました。さて、それはなんでしょうか?

第一ヒント:これは、箪笥の棚板です

第二ヒント:滑りをよくしてます

第三ヒント:ペーパーではありません

DSC02474

答え:ロー(^_^)

当社では、組立てる前に、桐箪笥専用のローを引きます。
それは、組み立て後にすると、隅々にローが塗りにくいからです。
a1031f87

けっこう、隙間が、、、、

DSC02456
再生中(洗い・リフォーム)のものですが、側板と引出との隙間が5mmくらいある。材が縮んだということも考えにくく、作った当時、材料が足りなかった可能性が大。

このままま仕上げても依頼主から文句は言われる筋合いないけど、うちの職人としての根性としては許しがたい。なんとかならないものか?と思案中〜〜。

桐の葉っぱ

DSC02452

桐の葉っぱですが、めっちゃデカく、直径50cmほどにもなってました。

DSC02454

巨大な桐箱

DSC02439
特注の桐箱、二人かがりで随所に木釘を打ち込んでます。
社長
専務
千香子
最新コメント
月別
Google


ブログ内
livedoor プロフィール
Facebookページ
会社の空(気象データ)