3ad48d82.gifd541c35b.jpg

敷き布団を蒸し暑いと感じるのは夏場だけとは限りません。冬でもあります。

我が身で人体実験。畳の場合と、組子ベッド(桐ベッド)の場合を温湿度センサーを入れ 計測してみました。そしたら意外な事実が・・・・・

センサーは、敷き布団と私の腰当たりの隙間にセットしました。センサーは シャチハタの印鑑程の大きさ。ゴロゴロしてて寝にくく、何度も目覚めましたが、我慢の子(^^;)

画像をクリックして拡大してみて下さい。2日連続の結果です。 横軸が時間。縦軸が温度(ピンク)と湿度(水色)です。ピンクで囲んでいるところが、畳に敷き布団敷いた時の睡眠中のグラフです。 薄茶色で囲んでいるところが、組子ベッド(桐ベッド)に敷き布団敷いた時の睡眠中のグラフです。

体感的に言えば、畳に敷き布団は、起きがけに背中や腰に、ベターとした、ジトーとした、蒸し暑さを感じました。 体調壊したかなと思ったほど。それが組子ベッドでは、お日様で干した感じのようにサラサラで、ぜんぜん快適。 なぜそうなのかは、センターが記録してました。

グラフをよ〜〜く見て下さい。 体温はどちらもぼぼ同じです。でも、湿度が全然違います。 畳に敷き布団の場合は湿度がウナギ昇りですが、組子ベッド(桐ベッド)に敷き布団の場合はほとんど一定。しかも、日中の布団の湿度よりも低い。蒸し暑い感じと、サラサラの感じ方の違いはここにありました。

一般的にベッドの布団は、ほとんど萬年床状態。湿気はどんどん溜まります。 人が一晩に出す汗の量は、冬場でコップ1杯分、夏場でコップ2杯分といわれています。 その湿気を逃がす為に、いろんな敷き布団や敷きマットがあります。

しかし、布団を敷くベッドの床が問題なのです。ベッドの床がベニア板だったりすると最悪。どんどん湿気がたまり敷き布団を上げたらカビだらけということもあります。敷き布団や敷きマットだけでは湿気の解消はでないのです。

では、ベッドの床で、通気性がよいと言われているスノコベッドはどうかといえば、スノコの板は通常5〜10cmくらいの幅をもっています。その幅の所に湿気が溜まる恐れがあります。それを解消しているのが、組子ベッド(桐ベッド)です。

組子ベッド(桐ベッド)の組子は3mmの細い板が格子状に組み合わさってできてます。 耐荷重も直径10cmの面積あたり500kg以上と、見た目よりずっとずっと丈夫。しかも、この部分も桐。桐は、湿気を吸収したり、発散したりする効果が優れている材です。 大切な着物や骨董品が桐たんすや、桐箱に入っているのは、その為です。

組子ベッド(桐ベッド)は、湿気を床全体に抜けさせ桐材で適度に調湿するという画期的構造です。 また、敷き布団はお好みによって替えられますから、腰痛の方にお薦めします。 組子ベッド(桐ベッド)は、桐たんすの専門製造メーカー(株)総桐箪笥和光の自信作でもあります。

組子ベッド(桐ベッド)のご購入はここから