viger v-han
先々月は高速道路走行中にエンジンルームから煙、先月は交差点で事故でトラブル続き。修理に1ヶ月半。戻ってきて一安心。ということで、私(社長)の車を紹介しましょう。

クライスラー・ボイジャー(LE)といいます。元祖ミニバンです。購入時は全世界で600万台の販売実績といってましたが、7年目になりますが、こちらでは、いまだに数台しか走ってません。九州での登録は第一号でした。アメリカ製ですが、このボイジャーだけはドイツで生産していると聞いています。購入当時はクライスラー。いまは、ダイムラークライスラーで、ベンツと同じとなりました(^_^)

最初の出会いは、車がでていると知らないで入ったアウトドアショー。その時は、まだ仕様が固まってないということで、後部座席から覗くだけで、運転席は立ち入り禁止でした。

その後数ヶ月たって、別のところの新車発表会で、やっと運転席にすわことができましたが、その時分かったのが、チェンジレバーと方向指示レバーが、国産と逆(^^;)
このボイジャー、細部はほんとにおおざっぱ、隅っこなんか、しっかり止めてないのだから。社内はオーディオカセットが付いているだけのシンプルさ。車幅が1950mmとワイド。う〜〜ん、これ乗りこなせるかな〜〜という気持ちが先に。

この車、国産車にない室内とスペースが気に入りました。5ドア、リヤドアスライド式、7人乗り、本皮シート、セカンドシート、サードシート脱着可能。お客様の送迎にも使ったりしますので、本皮シートの7名乗りは好感度バツグン。特に、助手席の後ろの席は、まるで、新幹線のグリーン車なみ。セカンドシート、サードシートを取り外すと、なんと、4尺の和箪笥がべタで乗っちゃます。車幅の1950mmはここに生きてきます。

お客さま乗せたり、桐たんす乗せて運んだり、アフターファイブで使ったりと、たいへん重宝してます。ずっと乗りつつけるでしょう。現在走行距離17万キロ。でもエンジンはいまでに絶好調です

v-right v1-3