c-29.JPG左はイメージ写真ですか、かれこれ30年ほど前ですが、大分市に配達に行く途中、こんな大雪に遭い、引き返したことがあります。

湯布院の先でしたが、桐たんすを積んでトラックで出かけたのですが、出かける時は雪がチラチラ。日田市を過ぎた当たりから薄っすら雪景色。湯布院近くになったら、トラックが道路をはみ出して落ちているのが数台。昨夜滑ったのかな?を横目に、先を急ぎました。

湯布院過ぎから急斜面になるのですが、ここから急に雪が多くなり、チェーン装着。これでスリップすることもない。大丈夫。

しかし、他の車がチェーンはめてないのでのノロノロ状態に。そして私のトラックは、カープで坂道でなったところでギブアップ。路面がアイスバーン状態でコチコチでチェーンが効かない。先にも行けず、戻るにも戻れない、立ち往生となってしまったのです。

まぁ、お天気にもなって来たことだし、お昼過ぎまで待てば、雪も解けてどうにかなるだろうと、車内にいたら、ジープで来られた自衛隊の方に、どうしますか?と言われましたので、反転して下りたいと伝えました。数人来ていただいて、コチコチの路面から脱出。そして反転して帰り道となりました。

雪ではどうにもならないと痛感しました。

あとで、その場所を通りましたが、あそこで待ってじっとしてて正解でした。雪道では路肩がよく分からなかったのですが、そこは、カードレールのない崖ップチ。あと10cm前に進んでいたら落ちていと思います。雪道は怖いです。

昨日今日と、九州では珍しい雪の中、大川新春展のご来場され方、心よりお礼申し上げます。