anbai-w300.jpg anbai-sunokow300.jpg

組子ベッドは、スノコの上に組子が乗っているという特殊な構造(特許)。このアイデアは、"一富士二鷹三茄子"と、いい夢をみるには、布団の下にそういう絵を敷いて寝ては?という発想が、欄間となり、それが組子という形になったのでした。

当初このアイデアは、社内には異論がありました。「美しく凝った作りの組子に布団を敷けば見えなくなる」と。言われてみれば確かにそうです。それで、この効果にどういうものがあるかを、いろいろテストしたわけです。結果、布団がカビにくく、さらさら感が持続することでした。

ここが、現在の取引店の9割以上が布団屋さんという由縁でもあります。

組子ベッド→http://kumikobed.com/