クリスマスも今日で終わり。明日からの朝礼前の掃除の間の曲は、年末恒例の「ベートーベン交響曲第九」に。

小学5年生の頃だった思うが、我が家に初のレコードプレーヤーが来た。コツコツ貯めた小遣いでレコードを一枚買った。それが、「第九」 

おふくろが怪訝そうに私をみたのを覚えてますが、その時の音楽の授業で、この第九は、ベートーベンが耳がまったく聞こえなくなって書かれた曲ということで、すごく感動し、じっくりと全編聞きたかったのでした。