png4545

KAZU(永眠)のShade3D作っていた3Dデータ資産を生かそうと、Shade3Dの本を買ってやりはじめたものの、さっぱり分からない。それで、オンラインで指導していただけるところを探し出し、数回レクチャ受けましたが、やっぱりShade3Dは難しい。

半年前に3DのFusion360を、大分市で講習受けましたが、こちらも難しかった。でも、新ためてFusion360を起動したら、バージョンアップとでて、再起動したら、メニューが日本語。アイコンをクリックすると、ヘルプもすべて日本語。とりあえず、触ってみたら、あら!簡単。しかも、CADで書いたDXFを元に立体化や、Shade3DのデータをOBJにして、Fusion360にも取り込めることが分かった。

Fusion360は、モデリングして、3Dプリンターデータもでき、3Dレンダリングもできる。その先は、CAMの機能もあり、NCの切削シミュレーションもですが、Gコードまで作れるらしい。KAZU(永眠)にも、これを極めるように言ってはいましたが、使い慣れたShade3Dがよかったもよう。

ともあれ、Fusion360は、Shade3D作ったデータも生かせることが分かり、私の3Dは、Fusion360で決まりです。画像は、私がFusion360で作ったものです。

pngEEEpAA