Fusion360+SHINX(木工NC)で、波型の自由曲面加工に成功(最下位写真)。
私がモデリングして、工場長(次男)がCAM化。SHINX(木工NC)にGコード渡してすんなり。

今朝、工場長(次男)の奴、いまから”鍋する”と言ってきましたので、何のことやらと工場に行ったら、そのNCで猫鍋作っている。専務も興味シンシンで棒立ちして見ている始末。製品化の予定はない。あくまで、Fusion360+SHINX(木工NC)のテスト。

DSC_0023

猫鍋のサイズは30X30cm。高さは、NCと刃物の都合で7cm。鍋底をスリスリしてましたが気持ち良さそう。桐材の細胞は、他の材と違い、発泡スチロールのような独立気泡体。その為、体温が即、桐材に伝わるので暖かく感じる。猫もきっと喜ぶでしょう。
DSC_0025

らせん状に加工。
DSC_0001



下記は、工場長(次男)が3年前に、某ネコカフェにプレゼントしたもの。輪っか状にくり抜いた板を何枚も作り、それを貼り合わせて作ってました。当然段差ができるので、ノミでさらえ、さらにペーパー磨きと、夜な夜なでしたが、一週間ほどかかってましたね。それが今回はFusion360+SHINX(木工NC)で一発加工。
9b380039-s

ちなみに、私がやりたかったのは、下記の様に波型の自由曲面。何を作るかは、いまから。
20-1