DSC_1577
家具再生(洗い・リフォーム)中のものですが、側板を内側から金槌で軽く叩いて開くものは開かせます。その部分は補強しないと、あとで開いてくるのです。

DSC_1580
開いたら、接着材を入れます。結構大胆に。

DSC_1583
それから、秘技になりますがエアーで接着材を奥まで入れます。

そのあと外側から金槌で叩いて押さえますが、それくらいでは、また開いてしまう恐れがあるので、さらにネジで止めて埋木をしたり、木釘を打ったりして、この部分をしっかりと固定します。お客様は、まったく気づかない部分ですが、これをやっておかないと、あとでガタガタになります。当社はこういう見えない部分にも気配りをして再生(洗い・リフォーム)致してます。

再生(洗い・リフォーム)の詳しいことは→ここから