DSC00594

Finewoodworkingの最新号ですが、日本のカンナの調節のことが特集されてます。台の直し方、刃の裏だしの方法、台の口の調節と、2枚刃の調節など、これだけの詳しく書いてある本は国内でもみたことがなくビックリです。

海外のカンナは押すものがほとんど、日本のは引いて使いますから、真逆です。また、海外のカンナは金属のものもありますが、日本のは木の台。海外の雑誌で、とりあげられるのはブームかな?と思ったりします。

DSC00592

DSC00593