DSC05441
孫が彫刻刀で桐板を彫ってます。学校からもらってきたという、彫刻刀は、一見したらこりゃどう使うんだ?でしたが、手を切らないようにガードしたまま使えるようになってました。

私の親父は彫刻家でした。ある日突然彫れたということで、誰の弟子でもなく独学というか天性でした。その血筋は、私や兄弟、また、私の子ども達にもないので、誰かの孫に、これも突然現れると期待してます。ひょっとして、内孫からかな?なんて、見てました。
DSC05438