桐たんす

桐たんす、組子ベッド(桐)、DNA、新製品情報、日頃の雑事等、物作りの現場から
 (株)総桐箪笥和光   代表取締役   加島清治
〒830-0424 福岡県三潴郡大木町三八松1048
TEL/0944-33-1421 FAX/0944-33-1423
・桐たんす      http://tansu.com/
・組子ベッド    http://kumikobed.com/
・桐たんす再生    http://kagusaisei.net/
---------------------------------------------------------------
マイブログ(テーマ別)
下記全投稿一覧 https://twitter.com/moon3jp
 ・カイトボード  http://moon3kite.blog.jp/
 ・FatBike     http://fatbike.ldblog.jp/
 ・空撮(ドローン) http://moon-flight.blog.jp/
 ・日替な日常   http://moon3.blog.jp/
 ・PC雑記帳   http://pcz.blog.jp/
---------------------------------------------------------------
当ブログの文章・写真等の無断借用は禁止致します。

桐の花満開


工場裏の桐の木、満開となりました。
ドローン(Phantom3Pro)で空撮してみました。

ツバメが住み着きました

DSC_3803
ツバメが適当にビュンビュンしますから、桐で棚を作ってあげました。
気に入ったのか、数日で住み着きました。
DSC_3731

集塵機の回収ボックスが、、、

DSC_3691
集塵のゴミボックスの中を移したあと、はめた時に金具の片方が壊れて、よく締まらなくなったと言ってきた。そのまま集塵の電源入れると、隙間からボワーっと粉ゴミが。このままでは使えないので、機械屋さんに来てもらうまで、ハンドリフトで下から持ち上げて緊急処理。
機械屋さんに来てもらったら、折れた所を溶接することもなく、意外と簡単に修理は完了でした。

付箋の裏面も使う

05
リアルな付箋を結構使うのですが、常々片面書いて捨てるのはもったいないと思ってました。それで、掲示用テープが貼って剥がせるタイプの両面テープだったので、ガラス板に貼って止めたらバッチリ。20回くらいは、使えそうです。

長台(かんな)

DSC_3652
私が使っていた長台というかんなは、いまは息子が使ってます。普通のかんなの1.5倍の長さがあるもので、削った面が、より平滑になるようにと作られたものです。これの使いこなしができれば、一流でしょうね。
作っている製品名は"ぼたん"詳しくは→ここで
24022204


桐の花が咲き出しました

DSC_3657

工場裏手の桐の木、桐の花が、ただいま6分咲き。連休開けまで楽しめそうです。
なお、道路沿いのは、1分咲きで、少し遅れてます。

建物建築費完済祝い

38
今夜は、社屋の建物の30年分割だった建設費完済したので、その記念として、社員ともどもで、お祝いをしました(^_^)私は、感慨深かったのですが、銀行からは、なんのお礼もないのね、です(^^;)

デスクトップPCをテザリングで

31
私のメインPCはデスクトップ。ネット回線が切れると、ほんと何もできなくなる。予備機としてノートPCありますが、スマホからテザリングの必要があります。だったら、デスクトップPCでと、無線LAN子機を挿して、テザリングやってみたら、簡単にネットに接続できました。データ制限が怖いところですが、使い慣れたPCで作業できるのは、やはり便利。

ハンドリフト2台目

DSC_3621
 ハンドリフト。あればあったで便利というより、使い付けたら安全。外の倉庫と、工場内を行ったりきたりさせてましたが、外と内で一台ずつ置くことに。ハンドパレット2000kg低床ダブルローラー、フォーク長さ1100mm、フォーク全幅550mm 高さ60mm 。輸入材のパレットの陣木が低いので低床タイプです。

大型消火器、三基目設置

DSC_3613
本日、三基目の大型消火器を設置しました。

外掃き用ホウキ群

DSC00797
今日の朝の掃除は、外掃き
ホウキは、人数分はないので、早いモノ勝ち(^_^)

引出の自由落下(^_^)

05]
息子が作った桐たんす。金具を付けてて、たまたま発見した技??桐たんすの精度がいいという証と本人ご満悦(^_^)とっても面白い動きして閉まっていきます。動画をぜひご覧下さい。

木工祭り、早朝から大混雑

P_20170409_095347_vHDR_On
木工まつり、昨日はあいにくの雨で、前年よりかなり少なかったようですが、本日は、雨の心配はなそさうで、会場には、昨日の少なさを埋めるかのように、早朝より混雑しているようです。当社の小間は、1Fのエレベター付近です。また、当社ショールームは協賛会場として、皆様をお待ち致します。

8thharumoku2017

TVQきらり九州が取材に来てくれました

DSC_3139
常務(息子)が、案内して回りましたので、私(社長)の出番は、ちょぼっと。
寿 一実さん、けんぼうさんが来てくれました。収録は、とっても和やか、時には爆笑でした。
放送日はTVQ・5月13日 PM8:00〜8:50 の間の10分程度。
SnapCrab_013

お掃除お掃除

2017-04-05
朝礼前に5分ほど掃除をしますが、今日は1Fのモップ掛け。
今度、小3と小1は、春休み中の暇人。だったら、手伝え〜でした(^_^)

展示会週間(総合展、木工まつり)

4月の展示会の週となりました。
まずは、ジャパンインテリア総合展 4月5日(水)〜6日(木)業者展で一般不可
そのあとが、春の大川木工まつり  4月8日(土)〜4月9日(日) 一般入場OK
当社の小間は一階のエレベータ付近となります。
なお、ショールームの方も協賛会場として、皆様のお立ち寄りを心よりお待ち申し上げます。
201704_001

8thharumoku2017

事務所に40インチモニター

DSC00751
工場で朝礼で使っていた、SAMSUNG ME40B 40インチ。あまり出番がなく事務所に移動。毎日の会議では、私のPCと繋がっているプロゼクター(中空設置)でやってましたが、見づらいのと色がでないので、モニターに変えたいな〜と常々思っていました。一案思いつき即実行。25x500x2400の板をどんと乗せてネジ止め。場所的にプロゼクタ・スクリーンとほぼ同じところに収まりました。とっても見やすい。しかし、ノングレアですから真っ黒ヶ、スライドショーでも流しておく事に。

卓上丸のこ盤

DSC_2837
昇降板という機械は2台ありますが、作業次第では奪い合いになることに。それに業を煮やしたようで、使ってなかった電動丸鋸をボックス仕立てでこさえてました。バンコ(作業台)の上に、ちょこんと。卓上丸のこ盤でした。

丈夫過ぎる台

DSC_2830
灯油入れるドラム缶です。古くなって中までボロボロになり交換しようと、以前もらったガソリンスタンドに言ったら、いまはダイレクトに地中タンクに入れるので、ないですと言われました。取引ある機械屋さんに、ドラム缶がないので、灯油入れるタンクはないですか?と電話したら、余っているドラム缶があるということで、ラッキーにもタダでもらえました。そのドラム缶には、界面活性剤が入っていたということで、水で洗って乾かして下さいでした。

土台はリフトで移動できるように、今回はツーバイフォーの木材でこさえることに。言い出しっぺの職人が、ホゾまでかいで、丈夫過ぎるほどにガッチリと作ってくれてました。

板ハギ

DSC_2376

場合によっては、桐材を横に接着しますが、これを”板ハギ”といいます。

日めくりをデジタルに

DSC00722

22.3cm角の大きいデジタル日めくりがあったので、長年の紙めくり式とおさらばしました。
長年、紙をめくって、神棚にパンパンとしていたので、ちょっと物足りない感じ(^^;)

カンナの調節(Finewoodworking)

DSC00594

Finewoodworkingの最新号ですが、日本のカンナの調節のことが特集されてます。台の直し方、刃の裏だしの方法、台の口の調節と、2枚刃の調節など、これだけの詳しく書いてある本は国内でもみたことがなくビックリです。

海外のカンナは押すものがほとんど、日本のは引いて使いますから、真逆です。また、海外のカンナは金属のものもありますが、日本のは木の台。海外の雑誌で、とりあげられるのはブームかな?と思ったりします。

DSC00592

DSC00593

使い切った(^_^)

DSC00624

この手は数本持ってますが、かすれて来たので中みたら、生涯で初めて使い切ってました(^_^)

特許検索サイトがシステムダウン

SnapCrab_NoName_2017-3-15_10-5-20_No-00
先週の木曜日頃からだと思いますが、特許庁のサーバーがダウン。
いまだに復旧してなく困ったもんです。

桐の精

DSC_2249

桐たんすに同梱しているものです。"桐の精"という箱に入れています。
丸徳イボタは、桐たんす専用ローです。引き出しスベリが悪くなったら使うものです。
桐たんすのお手入れ方法、PL(製造物責任保険)保険加入証明書。それと鍵。

処分の通販の桐たんす

DSC_2243

うちの桐たんすをお届けしたお客様の所から、処分して欲しいとお願いされ、いただいてきた通販の桐たんす。うちのと比べてはいけないのですが、桐材も悪いし、板も薄い、作りも雑だし、引き出の底板はベニア板に桐柄のシート貼ってあったりと、めちゃくちゃです。

安物買いの銭失いにならぬよう、桐たんすのお求めは当社にして下さい。詳しくは→ここで

電動工具類

DSC_2233

時々使うので、電動工具はまとめて棚に。

特注の桐箱

DSC_2232

最高級のゴザを入れる桐箱を依頼されました。普通の衣裳箱よりもデカイです。
ゴザがけっこう重いので、あられ継ぎして強度を増してます。

NCをスイングさせる

DSC_2214

まだ、テスト段階ですが、凸凹の波形で正面を飾る、桐たんすを制作します。シンクスの木工NCですが、3DCADであるFusion360でデータを作り、専用ポストでGコードに変換し、NCを動かしてます。これができるのは、現在国内では当社のみです。



最終形態はこんな形に
_2017-Mar-07_06-17-23AM-000_CustomizedView13925722656

当社、焼桐のたんすの手入れ方法

24022204

当社の焼き桐のたんすは、プロパンガスバーナーで一気に焼き、ススをブラシで落として専用ローで仕上げています。

その為、表面を強く擦ると、ススがつく場合がございます。時々、しっかりと絞った雑巾等で木目に沿って表面を拭き、そのあと同梱してますローを布に少し擦りつけ、軽く拭いていただくようにお願い致します。

焼いた当初は黒ですが、数年経つとススが浸み込んで、黒→焦げ茶→うす茶色→飴色と変化して行きます。その変化もお楽しみいただけるかと。
社長
専務
千香子
最新コメント
月別
Google


ブログ内
livedoor プロフィール
Facebookページ
会社の空(気象データ)