桐たんす

桐たんす、組子ベッド(桐)、DNA、新製品情報、日頃の雑事等、物作りの現場から
 (株)総桐箪笥和光   代表取締役   加島清治
〒830-0424 福岡県三潴郡大木町三八松1048
TEL/0944-33-1421 FAX/0944-33-1423
・桐たんす      http://tansu.com/
・組子ベッド    http://kumikobed.com/
・桐たんす再生    http://kagusaisei.net/
---------------------------------------------------------------
マイブログ(テーマ別)
下記全投稿一覧 https://twitter.com/moon3jp
 ・カイトボード  http://moon3kite.blog.jp/
 ・トレイルライドMTB  http://e-bike.blog.jp/
 ・空撮(ドローン) http://moon-flight.blog.jp/
 ・日替な日常   http://moon3.blog.jp/
---------------------------------------------------------------
当ブログの文章・写真等の無断借用は禁止致します。

とっても珍しい、木工NCの定盤加工


5年目にして、設置している地盤沈下のせいか、定盤の場所によって当たる刃の深さが微妙に違う所があることが分かり、それを正す為に、定盤のベークライト全体を削っている所です。0.5mmということでしたが、この差は、オスメスの所を加工すると両方で1mm違ってきますから、許しがたいところではありました。

木工NCでも、ひとつずつ

DSC06166
組子ベッド・ここちeのサイドガートを作っているところですが、パーツも一個ずつ加工。NCがない時代には、機械のセットが面倒なので、10個くらい一度に作らないと効率が悪かったし、治具もたくさん必要でした。しかし、木工NCが入ってからは、データさえ作っておけば一個から正確に加工してくれます。NC加工の間に、他の作業もできて、たいへん便利になりました。


紫陽花も雨を待ってます

DSC06162
雨も降らないと、農家の方は困りますね。
明後日までは、雨は降りそうにない。
紫陽花も雨を待ってます。

良く乾いている

DSC06154
九州北部は、まだ梅雨入りしてません。
ここ数日は、五月晴れのような空に、涼しい風。
桐材も、カリカリに乾いて、次の雨の前には取り込む予定です。

プリンタ復活

DSC06138
FAXに使っていたブラザーのプリンタ「廃タンクが一杯です」と出て使えなくなった。急遽、同型機を購入。そして、このプリンタは息子がお持ち帰り。廃タンクを洗って干して、リセットコマンドして復活。しかし、何度かクリーニングしても、色が正常にでない。でも、黒は問題ないので、また、FAXとして使うことに。購入した正常印字のプリンタは、これまた息子が持ち帰りとなりました。
DSC06139

サボテンの花

DSC06129

会社の縁の植え込みのサボテンに花が咲きました(^_^)

DSC06133

高級ゴザ入れ桐化粧箱

DSC_0006
高級ゴザを入れるということで、桐箱をお願いされました。
ゴザはそこそこ重量もあるので、組手はあられ組み継ぎにし、さらに内側も補強しました。

あられ組み継ぎに、やっとこ

DSC06095
あられ組み継ぎも凸凹が多くなるに連れて、組み上げるとき固くなって、なかなかやりづらくなります。そこで「やっとこ」なるものを使うことに。締めるのに手間が入りますが、めっちゃ楽になったようです。「やっとこ」の噛むところは、幅が10cm程あったのですが使いずらいと、グラインダーで、幅2cm程度にカットしてました。

ライン三本引きました

DSC06063.AAJPG
バナーで溶かして貼るタイプでしたが、焼桐仕上げの技術を遺憾なく発揮し、
三本ラインとも、たいへんうまくできました。

d370ea30


ツバメもいます

Snap_058
鳩もいますが、ツバメもいます(^^;)

鳩との知恵比べ

DSC06053
写真は、簡易リフトにプラ網をした所です。

簡易リフトはチェーン式ですが、以前、チェーンの貯まる袋に巣を作られ、小枝がいっぱい。それを知らずに、リフトを降ろしていたら、チェーンが切れて、落下したことがあります。幸い人も荷物も乗ってなく、高さも1Mほどで、下にも誰も居なかったので、リフトの台も壊れずに済みました。そのあとは、袋に巣を作られないように、袋をプラ板で覆いました。

しかし、鳩の奴、昨年はH鋼に巣を作って、卵まで温めていたので、巣立つまではと黙認。巣立ったあと、糸を張ったり、有刺鉄線とか施しました。

今年も、やってきましたが、H鋼に巣を作り出しました。隙間から入れ込まないようにダンボールなどて塞いでましたが、リフトは使うので、置いたり取ったりが結構面倒。置き忘れるとすぐ作り出す始末。

それで、リフトを上下しても不便ではなく、かつ、鳩も進入されない方法として、プラ網を取り付けてみました。いまのところ、鳩は近寄ってきません。なにせ、入れるところがないのですから、、、(^_^)

駐車場にライン

DSC06047
お客様のお車を【お客様駐車場】と書いている看板の前に止められるといいのですが、横をすり抜けて、裏側の隣の会社の駐車場に停められる方が多々。行き止まりにしたら、右に抜けられない。それでしっかりとしたラインを引いてみることに。

使ったのは、塗料でなく、バーナーで温めて融着させるライン。今回施したところはアスファルトですが、小石が浮き上がってきているところで、うまく融着するか心配しました。でも、思った以上にバッチリ付きました。ということで、あと2本追加で貼り込みます。

扉の裏にレーザー加工

sssDSC_0005
「風浪」という製品ですが、購入された、お客さまのご要望で、扉の裏面にお客さまのお店のロゴを
レーザー加工致しました。

当社にあるレーザー加工機(Podea01)は、切るほどの出力はありませんが、刻印くらいはOKです。しかも、底を取りハズし可能にしてもらったので、どんな所にでもレーザーを当てることが可能です。

そういうマシンを、当社が持っていることをご存じだったのかは?ですが、何度もテストして、うまくできました。片側だけで5時間。位置合わせテストも含めると、まるまる一日。絶対に動かされないように、一室に鍵をかけ、連休中に行った作業でした。

cd5cc0f0



令和 仕事始めです

DSC_0006
会社始まって依頼の長い9連休でしたが、今日から、気分も新たに「令和」で仕事はじめです。
連休中に咲いていた"桐の花"も終わり、快晴の中、桐の葉の緑が冴えてます。

令和の年が始まりました

DSC05782
令和の年が始まりました

平成最後の仕事納め

本日27日まで仕事日。明日から9連休しますので、
大掃除をして、平成最後の仕事納めをしました。

5月からは「令和」。きっと、いい年になります。

悪路でも、ガンガン進む(^_^)

IMG_20190425_103140108
1年ほど前、長崎の配達ではたいへんだったので、そのあとすぐ空気入りタイヤの台車を作った。
めったに出番もないのに、役員からは、けっこうブツクサ言われた。
しかし、本日の納入先は、玄関先まで100M。
坂のところあり、土の所あり、段差あり。
でも、こいつが、めっちゃ役立ち、本領発揮でした(^_^)

FAX兼用プリンタが・・・・

DSC05733
2013年購入で主にFAXで使っていたプリンタ。ブラックがインク切れに近くなり交換。数枚出たら、擦れてきたので、ヘッドクリーニング。そして印字テスト。黒はほとんど出てなく、他の色はなんとか出ているくらい。それで、ヘッドクリーニングを10回くらいやりましたが、それでも復旧せず。ついに壊れたということで、同型の中古を即購入。

壊れたプリンタから、インクを取り出して、インクがこぼれないように、横穴をテープで塞ごうとしたら、もともと着いていた黄色のテープは取れてましたが、透明なものが穴を塞いでました。黒インクが出なかった原因はこれでした。ということで、セットして、再度ヘッドクリーニング。黒がでました。でも、他の色はもうチョイ。と、2、3度やっていたら、でました「廃タンクが満タンになりました」。これでアウト(^^;) この修理はメーカー送りで13,000円とか。中古で買ったものが16,000円。買ってしまいましたが、3,000円の差は微妙〜(^^;)


北米桐使った看板

DSC05671
この大きさの北米桐で割れもなく美しいものは珍しい。
ショールームのメイン看板にしてますが、これを持ち出すなと言ってますが
大川の展示会にこれを持って行ってます。
昨日は、二日かがりで、これにカンナかけやってました。
貼っている切り抜き文字も焼き直したようです。

桐・開花宣言

DSC_0003
去年は、社員に枝を切りに切られて花が咲かなかったものの、
その後、ほどほどに切るように指示したので、今年は開花してきました。

たんすの"座り"を整える

DSC00015-w300.jpg

お客さまから、引出が固い開かない、扉を締める時に天板に当たる、という電話があったりしますが、伺ってみると"座り"が違っていることが多々です。

たんすの傾きを整えるのを、"たんすの座りを整える"などと、私らはいいます。

桐たんすといわず、たんす類は設置場所にドンと置けばいいというものではありません。置き方が悪いと、扉や引出の調子が悪くなったりします。

たんすは、工場で生産される時、必ず、たんすの座りを整えてから、引出を指したり、戸を取り付けたりします。ですから、ご家庭の中に据えた時も、必ず、座りを調整する必要があります。桐たんすは、特に精密に作ってあるのでこの調整を怠ると、据えた時点で、あちこち堅くなったり、戸が開かなくなったりします。

座りの調整は、たんすの下側に敷き込みますが、ベニア板等の堅いもの、もしくは、新聞紙などが適してます。敷き込んだあと潰れるようなダンボール類はダメです。

畳の部屋に置く場合、畳は縁の部分が、若干厚くなってますので、どうしても、たんすが、前かがみになります。また、床下の根太の関係でも微妙に傾きが違ってきますし、衣類の入れ具合でも違ってきます。

敷き込む際には、扉の上側の隙間、引出の隙間等を揃えるように、左右や前後のカドに少しづづ、敷くものを加えて調整していくことです。たんすの座りを整えることが、たんすを長持ちさせるコツでもあります。
Snap_006



Snap_005

休日の日に・・・・

DSC05664
先の日曜日に、工場内に鎮座していたのが、こいつ。
専務の持ち物で、模型飛行機歴は30年以上。飛ばすのも作るのも好きなようです。

なお、私(社長)は、ドローン使いです(^_^)
phantom-3-pro-v2@2x-87f429266dc737bd2895bf8fb540844b

大川木工まつり、たいへんな賑わい

P_20190414_093332_vHDR_On(1)
大川木工まつり、たいへんな賑わいになってます。
当社の小間は、正面玄関のすぐ右側です。

TVに一瞬だけど、、、、

news every.サタデー.ts_snapshot_21.34
news every.サタデーに一瞬(^_^)

TOTEMの組子をはめ込む部分

DSC05648
TOTEMの”組子”がはまる部分は実用新案です。黒い部分がそれで、組子の下に、板があることによって、組子を支えている構造です。そうすることによって、組子が引き手として機能するのです。

TOTEMの詳しいことは→ここから
DSC03436

展示会の準備完了!!

DSC_0016
玄関入って、階段の右側と、いままで最高の場所となりました。明後日(10日)からの展示会の準備完了です。なお、木工まつりでは、若干製品入れ替えを行う予定です。
Post from RICOH THETA. - Spherical Image - RICOH THETA

今年もツバメが飛んで来た〜

DSC_0148
桐で作った巣棚が、気に入ってくれたようです。

お習字・令和

IMG_20190405_084626545_HDR
孫が、私の正面に「令和」を貼ってくれました。(^_^)

毎回原点数値が違う、その原因が、、、

DSC05644
パネルソーという数値制御のものですが、毎回原点の数値が違うという症状が続いていました。制御的なものにも異常がないということで。とりあえずは、毎回長さを測っては、その長さに数値を合わせて使ってました。あまりにも頻繁に起こるということで、制御装置を交換(80万円)するしかない、と思ってました。

でも、その原因がやっと分かりました。

それは、1年ほど前から、工場の電源を一括で落とす仕組みにしました。それで、このパネルソーの電源も完全に遮断。パネルソーの内部電池では制御数値は24時間しか保持しないということが分かりました。また、その際は、リセットをすると正常数値になることも判明。

摩訶不思議な現象で、機械屋さんも首を捻ってましたが、これが分かるまで、1年費やしました(^^;)

1kgの平文鎮

DSC05642
1Kgほどある、鉄板に取り手を付けてもらった"平文鎮"。
再生家具(洗い・リフォーム)の際は、引き出し中に入れて、調整する際、均衡を取ったり、ちょっとした重石が必要な時に重宝してます。
社長
専務
千香子
最新コメント
月別
Google


ブログ内
プロフィール

総桐箪笥和光

Facebookページ
会社の空(気象データ)