桐たんす

桐たんす、組子ベッド(桐)、DNA、新製品情報、日頃の雑事等、物作りの現場から
 (株)総桐箪笥和光   代表取締役   加島清治
〒830-0424 福岡県三潴郡大木町三八松1048
TEL/0944-33-1421 FAX/0944-33-1423
・桐たんす      http://tansu.com/
・組子ベッド    http://kumikobed.com/
・桐たんす再生    http://kagusaisei.net/
---------------------------------------------------------------
マイブログ(テーマ別)
下記全投稿一覧 https://twitter.com/moon3jp
 ・カイトボード  http://moon3kite.blog.jp/
 ・トレイルライドMTB  http://eamtb.blog.jp/
 ・空撮(ドローン) http://moon-flight.blog.jp/
 ・日替な日常   http://moon3.blog.jp/
 ・PC雑記帳   http://pcz.blog.jp/
---------------------------------------------------------------
当ブログの文章・写真等の無断借用は禁止致します。

桐のビート板

DSC02257

孫達のプールですが、桐のビート板が浮かんでました。

桐はサーフボード(アライヤ)にも使われる素材です。というのは、木材の中では桐だけが、発泡スチロールのような細胞構造(独立気泡体)持っているのです。

DSC02263

トラックも暑い!と申しています

DSC02252
トラックに毛布をかぶせてましたが、干しているつもりか?、運転席の暑さ防止か?
みただけで、、残暑お見舞い申し上げます。です

湿度がめっちゃ高く、不快指数は100%

SnapCrab_098
今朝方から、雨がどっと降ったり、陽がさしたりの繰り返し。気温は30℃程度ですが、風はなく、湿度がめっちゃ高いので、不快指数は100%。節電中ではありますが、さすがに事務所もエアコンをONに。

散布ヘリが飛来


工場の自動かんな盤で、何を削っているのかな?と思ったら、散布ヘリでした。

特注もNC加工

DSC02215
巨大な箱を頼まれましたが、いよいよ加工が始まりました。微妙な曲線のパーツがあったり、長いサクリ込みのパーツがあったりですが、全部NC加工。
DSC02217

DSC02212

結びの名前は知らないが、、、、

DSC02181
息子が材料運んでましたが、ロープで締めたつもりがまったく締まってなくてグラグラ。私が締め直していたら「教えて」と来たので教えましたが、数度はすっぽ抜けで尻もち。この結びの名前は知りませんが、私の年代(昭和29年生)前の、家具メーカー人だったら、誰もが知っていたロープワーク。でも、最近は、ラチェットハンドルをガチャガチャするベルト荷締機を使うので、あまり知らないようです。

原因究明は推理と実行

DSC02161
うちは工場用と事務所兼自宅用で、2箇所に井戸掘り、ポンプで汲み上げてます。
工場用のポンプは100V。事務所兼自宅のポンプは3相200V。

現在、レンタル発電機使用中で、2機据えてあります。ひとつは100V用、もうひとつは機械を回す動力用で3相200V。夜は動力側の発電機は止めます。それで困るのが、事務所兼自宅用のホンプも止まること。炊事もですがお風呂とかトイレも使えなくなります。

もう一機、発電機があります。これは20年ほど前に購入したもので、3相200Vがでるものです。夜はこれにポンプを手動で繋ぎ替えます。でも、10分ほどして水が止まってしまいます。それがなぜだか分からず、ポンプ本体のカバーをハズしたら、ランプが点滅してました。何か異常のようです。ネットで説明書を探し出し、ランプの意味を調べたところ、どれにも当てはまらなく、販売店へと書いてあった。でも、ちゃんと動いている時は、ランプも正常。この部分インバーターということで、不調は電圧かも?

と、発電機の電圧Vをみたら、250Vくらいでてて、それを200Vに下げてみたら、ポンプのランプ異常はなくなり、水もじゃんじゃんでるようになりました。これをお盆休み中、ああだこうだとやってました。原因究明は推理と実行ですね(^_^)
DSC02162

後半スタート!!

DSC02156
5日間だった、お盆休みも明け、本日から後半スタートです。

雨が降って、いいお湿りに

DSC02014
明日11日から、15日までお盆休み。
PM4時前、雨がひとしきり降り、ちょっと涼しくなったかな?です。
いまから、大掃除。
天井とか、集塵配管の上とか、日頃、手が届かない所のスス払いなどで〆です。

一ヶ月経ってないのに、、、

DSC02009
こんな感じに。

成長記録は→ここで


PCファンの交換

DSC01995
昨日、私のメインPCが突然停止。本体を触ったらめっちゃ熱くなってて、熱暴走かも?でした。横を開けて扇風機で冷やし再起動。CPUの温度を測るソフトで調べてみたら、100℃近くとなってました。エアプローでとりあえずホコリ払ってみましたが、さぼどの効果なし。

それで、今朝から、すべてのコードをハズし(これが超面倒)、本体を工場に持って行き、エアーを掛けました。ゴミは一気に吹っ飛びました。ところが、そのあと息子と私の三人がかりで30分。

まず、ファンを取りはずしてゴミを払ったがいいと、やったものの、元になかなかはまらない。そうこうしていたら、グリスも乾き切っているじゃんと、グリス(えっ!、マニアック)を持ってきた。なんとか止めようしたが、使ってないファンがあるから(えっ!なんで?) 、そっちを付けたらと、さらに持ってきた。簡単にパチンパチンで済むと思いきや、マザーボードの裏から止めるもの。

ということで、刺さっているグラボとか、TVボードをハズシ、コードをハズシ、最後にマザーボードハズシと大工事になってしまった。私はハードには、ほとんど無知ですが、息子どものテキパキには、ちょっと驚いてしまった(^^;)

左が元々のクーラー、右が新しいもの。CPU温度も60℃以下となり安定。これで一安心、
DSC02001

DSC02004

”風浪”製作開始

DSC01963
10月の木工祭に出品するものですが、メインの仕事の合間の作業になるので、製作をぼちぼち開始。”風浪”のデザインは、私(社長)。今回の製作は本体を常務(功一)が担当。扉の凸凹のデータは私(社長)が作り、そのNC加工は工場長(正太)で担当。

まずは、角の五枚組。常務がNC加工してましたが、組ほぞの部分、壁板の切り込みの部分、全体のカットと全部NC加工。丸型のルーター刃で、ほぞの部分を作るので隅っこに丸が残りますが、その部分は鋸とノミでの手作業。

”風浪"は、15年ほど前作った製品ですが、NC加工が自社でできなかったので、1つだけしか作ることができませんでした。数年前にNCが入り、そのあと、3DCADであるFusion360というソフトを知り、そのデータでNCが動かせることを知ったので、表面の凸凹が特長だった”風浪”をリバイバルさせることに。
SnapCrab_040

DSC01972

DSC01977

DSC01979

桐たんすが百倍!!分かる小冊子

DSC01920
いままでのは左側。プリンターで打ち出して、半折りしてホチキスで止め、緑の製本テープで仕上げてました。段々と面倒にはなってきてましたが、写真がホームページを前提にしていたので、解像度が低く、印刷屋に出せないでいました。

一念発起して作り直しましたが、文字はコピペでよかったのですが、写真はほとんどのものが差し替え。これがなかなか、たいへんで、同じ写真を見つけるのに半日かかったり。でも、どうしても見つからないものも。それは文章を変更するなどして対応。約3週間ほどかかってしまいましたが、ほぼ同じ感じにできあがりました。

この小冊子は製品紹介ではなく、桐たんすのこと、製造工程、また、当社の歴史、再生のことなど、"桐たんすが百倍!!分かる小冊子"です。ご希望の方は→ここからお申し込みを
DSC01922

お盆までは120%で仕事

DSC01903

昨日、仮設発電機を切り替える2時間ほどは、仕事ができなくなったようで、暇人三名。
これでも張り替えてと、普通なら、私とカミサンで張り替える幕も、三人かがり。
本日からはフル操業。お盆までは120%で仕事しないと、納期に間に合わない。

【お知らせ】電源復旧

DSC01905

13時50分、電源復活。

復旧に2日半ほどかかったことになります。工場はできる仕事で過ごしましたが、
FAXも不通となり、ご不便をおかけしましたこと、お詫び申し上げます。

今回の当社の停電の原因の一つに、高圧受電装置の老朽化というのもありました。それでこの際、受電装置内部を新しいものに交換することにし、それまで大型外部発電機でしばらく過ごすことに。8月末までには、新型に入れ替えとなります。

DSC01899

なんと二週間で芽が

DSC01893

二週間前、バッサリと切られた桐の木。横からですが、新芽がでてきました。

ちなみに、裏の桐の木は、こんなに繁りました。
DSC01894

できる仕事で・・・


DSC01889

今日は、台風の影響とは思いますが、北風が吹きこみ、エアコンなしでも涼しい。

工場は15kw三相付き発電機と、道路隔てた倉庫に100v/15kwで、やれる仕事です。15kw三相付き発電機は、平成三年に大型台風あとに常設したので、めったに出番はないのですが、今回は大活躍。

サンダーマシン、洗浄機、コンプレッサー、横サンダー、井戸ポンプなど。
一度にはムリですが、つなぎなおしたりして動かしてます。
動かせないのがNC。複数の電源がいるので、これは電気復旧待ちです。

DSC01884


DSC01887

DSC01886

DSC01888

糊付け機は片側のみ使用

DSC01825
ボンドを付ける"糊付け機"ですが、上段、下段にボンドを入れて両面同時に糊付けするのが通常ですが、うちでは、ほとんど片面で済ませてます。それもワンマンで。写真では、左の方にボンドが付いてないのですが、ご心配なく、手動の糊付け機で、ボンドを補っています。

引出は組立てる前に仮調節

DSC_4388

引き出しを組立てる前に、かき板(引出の側板)は、かんなで少しずつ削って調整して挿していきます。手前をほんのちょっとだけ固くするのがコツで、これが微妙な加減なんです。本体が数値通りに正確に作れても、また、かき板も数値通りだとしても、"木は生きもの"で、温度湿度で微妙に変化するので、数値通りにはいかない。

2mmの芯で100円

DSC01633
シェリアの百均でみつけた、鉛筆型のシャーペン。軽いです。
2mmの極太で、事務所で工場でも使えて便利。
色も濃いので、2Bと思います。

快調に仕上がってます

DSC01639
梅雨が上がり猛暑。
窓締め切っているのは、エアコン稼働中。涼しい環境。
湿気も少なく、引き出し作りも快調。

義援金を届けました

九州北部豪雨で被災された方、心よりお見舞い申し上げます。一日でも早い復興を願いたいと、社員から申し出があり、義援金を送ることになりました。会社からも併せ、昨日、大木町社会福祉協議会に届けてきました。
DSC01628

やっと、九州北部梅雨開けに

DSC01634
梅雨入りしたあと、晴天で雨らしい雨も降らず、空梅雨なると思いきや、朝倉には記録的な大雨が降り、大災害に。「九州北部豪雨」と命名されました。本日、梅雨開けになりましたが、暑さは増すばかり。被災地が一日も早く復興されることを願うばかりです。

桐ですが、あれから10日経ちましたが、葉っぱは3倍に増えました。


特注にビスケットジョイント

DSC_4380

別注は、いまある箪笥のサイズとか引き出しの段数を変えるものをいうのですが、いま製作中のものは、当社でも、初めて作る特注製品。一昨年から話はあったのですが、図面を何度も書き直し、先月本契約となりました。

2mオーバーの巨大な四角い重箱のような収納箱です。すべてがビッグサイズ。100年の耐久性も求められてますので、板を接合するのに、普段使わない、ビスケットジョイントを使って、より強く接着しています。

DSC_4385

ギョギョ!さらに、切っとる!!

DSC_4392

私が、直材になったところの3mほど残していたのに、息子どもが知らぬ間に1.5mに。

表の桐もバッサリ

DSC01541

裏の桐に続き、表の桐もバッサリ切りました。電線に届きそうになったからです。ちょこっとではなく、高さ3mくらい残して、バッサリ。さぁ〜て、切り口から、いつ葉っぱがでてるかなぁ〜。定点観測お楽しみに。

お〜〜い、お茶

DSC01504
水でさっと溶けて、ほどほどおいしい。

雨の具合、湿気の具合をみながら、

DSC01477
湿気が多いので、24時間除湿中。
桐が湿気を含みますから、微妙な調整がいる、引き出し挿しは後回しに。
雨の具合、湿気の具合をみながら、現在は、本体の組み立てを行っています。

構内アナウンスが大音量に。

DSC01478

昨年暮れに、電話機を交換しましたが、構内アナウンスの音量が小さい。いろいろ手を尽くし、技術の人に来てもらっても、工場の機械の音に負けてしまう。それで、アンプを噛ませてましたが、音量上げるとブーーーーンで、うまくいかない。ブーンをギリギリのところにし、発音をはっきりし、三度言うことに。それでも、よく聞こえないと言われる始末。業を煮やした息子が、ちょっと触って設定し直したら、ビックリするほどの大音量に。

小冊子全面的に作り替え

DSC01469

A5の桐たんすの小冊子。プリンターで印刷して、ホチキスで止めて、製本テープと、バリバリ手作り(^^;)
15年くらいこれでやってきましたが、組子ベッドの小冊子を印刷屋さん(プリントパック)にお願いするデータにしたので、桐たんすの小冊子も、となりました。しかし、これが意外と困難な作業。

まず、元データは、アドビのページメーカー。これが、どことも互換なく、コピーして、他のソフトに貼り付けの作業に。単純作業ですが、テキストの大きさも再度調整が必要に。まぁ、これはいいとして、問題は写真。元々ホームページとかプリンタを前提にしていたので、72dpi。印刷屋さんにお願いするには300dpi必要。改めて探すことに。

しかし、最近の写真はデジカメでデータ一元化してますが、古い写真は焼き増した2L版。一枚探すのに、社内といわず自宅まで、大捜索する羽目に。時々、懐かしい写真がでてきたりで、いらぬところに時間を取られたりで、なかなかはかどらず(^^;)

社長
専務
千香子
最新コメント
月別
Google


ブログ内
livedoor プロフィール
Facebookページ
会社の空(気象データ)