TOTEM

桐たんす、組子ベッド(桐)、DNA、新製品情報、日頃の雑事等、物作りの現場から
 (株)総桐箪笥和光   代表取締役   加島清治
〒830-0424 福岡県三潴郡大木町三八松1048
TEL/0944-33-1421 FAX/0944-33-1423
・桐たんす      http://tansu.com/
・組子ベッド    http://kumikobed.com/
・桐たんす再生    http://kagusaisei.net/
---------------------------------------------------------------
マイブログ(テーマ別)
下記全投稿一覧 https://twitter.com/moon3jp
 ・カイトボード  http://moon3kite.blog.jp/
 ・トレイルライドMTB  http://eamtb.blog.jp/
 ・空撮(ドローン) http://moon-flight.blog.jp/
 ・日替な日常   http://moon3.blog.jp/
---------------------------------------------------------------
当ブログの文章・写真等の無断借用は禁止致します。

TOTEM(デザイナー家具)桐たんす

DSC_0084
組子の部分が引き手になっているTOTEM。この部分壊れそうですが壊れません。実用新案なんです。TVボード、スタック式45cm幅の6段。スタック式105cmの4段構成ですが、1段つづ購入も可能です。もちろん総桐たんすです。詳しくは→ここから
DSC_0089

DSC03177

DSC_0080

103ba976-s

TOTEMは実用新案です

SnapCrab_075
TOTEMは実用新案を申請してましたが、やっと登録証が届きました。TOTEMは、九産大の学生(今年卒業)であった古賀惣一郎君と私の、共同で考案しましたので、共同出願としました。TOTEMの詳しいことは→ここから
2住所消し
cac3c86c


TOTEMは組子が引手です

SnapCrab_047
展示会で、TOTEMは組子が引き手というのが、このポップをする前は、9割以上が組子と違うところで引出を開けていたそうです。ポップをしたら、逆転して9割の人が組子の所で引いていたそうです。

「壊れそう〜」と言った人もあったそうですが、一般常識からして、組子は弱いという潜入感があります。でも、分かった時のインパクトは大だったようです。
SnapCrab_243

九産大プロジェクトとしては最後の展示になる"TOTEM"

IMG_20180411_151648
平成29年度・九産大プロジェクトは、産業会館2階の階段側です。学生との初のコラボでお互いで知恵を絞り、組子を引手に使った"TOTEM"は、九産大プロジェクトとしては、最後の展示となります。
なお、"TOTEM”は、当社ブースにも展示してます。今後は当社の製品とし販売していきます。
IMG_20180411_151845

九産大×博多阪急・アートイベント展 終了

49
TOTEMを展示してました。

TOTEM展示中 九産大×博多阪急・アートイベント展

月17日(土)から3月21日(水・祝)まで、博多阪急7階のイベントホールで、「九州産業大学芸術学部 Art&Design展」を開催。TOTEM(桐たんす)も出品してます。ぜひ、ご覧下さい。
TOTEM(桐たんす)の詳しいことは→ここから
SnapCrab_243

SnapCrab_242

TOTEM(桐たんす)、組子の貼込

DSC00595
TOTEM(桐たんす)に、組子を慎重にはめ込んでいってます。
DSC00594

TOTEM 今日感テレビに、チョイ見せ

SnapCrab_222
本日の、今日感テレビでは、チョイ見せでしたが、タイトルではバッチリ(^_^)

TOTEM(桐たんす)の組子

26145639_794874994033668_1702214711_o
組子を引き手に使った、TOTEMの組子は、大川市の仁田原建具さんにお願いしてますが、ほんとに繊細で美しい。製作風景の写真をいただきましたので、スライドショーに致しました。


TOTEMの詳しいことは→ここから
SnapCrab_083

TOTEM製作中

IMG_00005
4月の展示会では、TOTEMは、当社の小間と、九産大コラボの小間の2箇所に出品することになったので、ぼちぼち仕掛かっている所。TOTEMの詳しいことは→ここから
SnapCrab_083

TOTEM(桐たんす)焼き加工風景

DSC_9123
TOTEM(桐たんす)の引出の前板を、焼き加工しているところ。
プロパンガスバーナーで一気に焼いていきます。
TOTEMの詳しいことは→ここから

TOTEM・イムズ展終了

DSC_0017(1)
九産大プロジェクトでのイムズ展、昨日で終了。私も半日ほどいましたが、評判は上々。組子が引き手になっていることを説明すると、ほとんどの方が驚いてました。

次は、阪急博多7階催事場に、17〜21日まで展示されます。
TOTEMの詳しいことは、ここから

222image


TOTEM、福岡アジア美術館にパネル展示

28308341_585688035118195_400383121_n
TOTEMは、九産大家具プロジェクトでは優秀賞でしたので、福岡アジア美術館にパネル展示されています。2月27日まで。

「九産大プロデュース展2018」にTOTEM 出品

28313220_585231205163878_1949892498_n

TOTEM、福岡天神イムズの「九産大プロデュース展2018」に3月4日(日曜日)まで展示中

特長
 組子を引手に使用
 スタック構造(積重式)

その詳しいことは→ここから

222image


日経MJ(2/4)に、TOTEM登場

Scan-09
日経MJ(2/4)の新製品情報に、TOTEMが掲載されました。
TOTEMの詳しいことは→ここから三点-2

TOTEMのプライスカード

DSC00037
2折名刺用紙がありましたので、こんな感じで。

TOTEM・九産大プロゼクトコンテストで優秀賞

png
我が社と九産大の家具プロジェクトで生まれた”TOTEM”。
九産大プロジェクトコンテストで優秀賞をいただきました。

TOTEMの製品展示スケジュール
・2月中 天神イムズ
・3月中 阪急博多
・3月中 アジア美術館(パネル展示)
・4月始 大川、春の木工まつり
それ以外は、当社ショールームに展示しています
TOTEMの詳しいことは→ここから
三点-2

TOTEM・ページオープン

SnapCrab_083

TOTEM・ページオープンしました→ここから
購入も可能ですが、現在(2018/01/05)、発注が集中しており、納品は3ヵ月先となります。
しばらくはこの状態が続くと思われます。ご容赦願います。

桐箪笥・TOTEM・販売価格とサイズ

三点-2


販売価格を発表します
・TOTEM-45 5(写真右)…… 65,000(税込)×6段=390,000
・TOTEM-105(写真左)  ……110,000(税込)×4段=440,000
・TOTEM-TV(写真中央) ……270,000(税込)/260,000(税込)(ビデオ台含まず)

※撮影の為のモニターは含みません
※TOTEM-45/TOTEM-105は、一段ずつ購入可能です。


外サイズ(mm)
・TOTEM-45 …… 450×450×1270(一段本体高さ160mm)
・TOTEM-105……1050×450× 868(      〃     )
・TOTEM-TV ……1800×450× 415
・TOTEM-TV(ビデオ台なし)  1800×450×300

引出内サイズ(mm)
・TOTEM-45 …… 370×375×110
・TOTEM-105…… 970×375×110
・TOTEM-TV …… 370×375×150

ビデオ台サイズ(mm)
・外寸……1000×410×115
・内寸…… 950×410× 90
・仕切板… 410× 25× 90(未固定)

TOTEM-105も桐たんす。着物のタトウ紙が楽に入ります。

DSC09607

お披露目は、大川家具新春展にて(一般入場不可)詳しくは→ここ
201801main

TOTEMのご購入は→ここから

組子を引き手にしたTOTEM

DSC09445

桐箪笥TOTEMの最大の特徴は、組子を引き手に使ったことです。前代未聞の考案で、意匠登録と実用新案を申請してます。構造は、組子の下に平たい板があり、それに組子がはめ込まれているのです。手がかりの部分は、さらにサクリ込みが施されてます。それにより、繊細で弱い組子が壊れることなく、引き手として使えるようにしたことです。

DSC03729

DSC03722

TOTEMのご購入は→ここから

TOTEMの加工のほとんどはNC加工

DSC09610
TOTEMは非常に高い精度での加工が必要であり、また、手加工が困難な部分もあります。それを補うのが、NCマシン。PC制御で、一度設定すれば、忠実に加工を施してくれます。

部材加工のあとの組み立てや、引き出し加工は、職人芸が必要になりますが、精度よくできているので、さほど困ることはなくなります。

TOTEMのご購入は→ここから

TOTEMの足の取り付け方

DSC09618
TOTEMの足は、引き出しを抜いてからボルトで止まるようになってます。ボルトを指で押さえて足を回すと固定しますが固定しづらかったら、六角レンチを同梱してますので、それを使って下さい。ハズす際も同様です。なお、後ろ足は底がクローバー型になっていますのでお間違えのないように。
DSC09261

TOTEMのご購入は→ここから   

TOTEMの本体は五枚組

DSC09604SnapCrab_015
TOTEMの本体の角々は五枚組になっていて、たいへん堅牢な作りです。この部分NC加工(PC制御加工機)するのですが、隅が半丸になるので、そこはトリーマーでカット。以前は手ノコとノミで行っていたのですが、大幅に時間短縮されました。
DSC01973

DSC08875

TOTEMのご購入は→ここから

TOTEMの引出はスリット入り

DSC09603
引き出しの、かき板(左右の側板)には、スリット(溝)が入ってます。この部分は、実用新案レベルにはなりますが申請はしていません。たぶん、真似する所がでてくるかと思いますが、当社が”元祖”としておきます。

TOTEMは、引き出しと本体が一段ずつの構造ですが、精度がいいので、このスリットがないと、引き出し内部が真空になり、引出す時はめっちゃ重く、また、閉める際は、空気を圧縮していくようになるので、閉めづらくなり、使いづらいのです。

本体に空気穴を彫れば済むことですが、それでは桐たんすの調湿機能が損なわれます。穴を掘らずに、開け閉めが楽になる方法として考案したのが、このスリット加工ということです。

引き出しの開け閉めは、まるで、高級車のドアを思われるかと。

TOTEMのご購入は→ここから

TOTEMは焼き加工

DSC_0071

TOTEMは黒っぽい色してますが、塗装でなく、焼き加工を施している為です。焼くことによって木目が際立ってきます。そのあとに、ススを落とし、ローで仕上げます。

ただ欠点があります。それは表面を強く擦るとススがつく場合があるということです。それでも、塗装で固めないのは、風合いが損なわれるからです。

それで、お客様には、時々、しっかりと絞った雑巾等で木目に沿って表面を軽く拭き、そのあと同梱しているローを布に少し擦りつけ、軽く拭いていただくようにお願いしています。

焼いた当初は黒ですが、数年経つとススが浸み込んで、黒→焦げ茶→うす茶色→飴色と変化していき、味がある風合いになります。

なお、TOTEMを、あとで一段追加された場合、当然、色見が合わなくなりますが、お好きな段に置かれて、色の変化を楽しまれることもいいのでは。

TOTEMのご購入は→ここから

TOTEMはスタック方式(積重)

DSC09596
TOTEMはスタック(積み重ね)するようになってますが、引き出しを開け閉めしてグラグラでは使い物にならない。それで、上面に押すだけで出たり引っ込んだりするラッチが組み込まれ、それに足が固定するようにできてます。最上段のラッチは引っ込めておきます。

足はすべて取り外し可能です。その為、ラッチに、はまる足は、どの面でも、はまるように、クローバー形に穴が掘ってあります。穴に入ると「カチッ」という、心地いい音が響きます。

TOTEM-45だと、6段が基本型ですが、3段と3段、2段と4段、2段と2段と2段でもお使えいただけます。なお、下段足はオプションでご購入可能です。@1,500(税込)
DSC09599

45

TOTEMのご購入は→ここから

TOTEMはスタック式(積み重ね)

45
最初の案は、引き出しの上側に指が入る穴を掘る予定でしたが。これでは、その穴が、組子の引き手の為がバレバレで美しくない。それで、考案されたのが、スタック式(積み重ね)。これ、組子に引き手を使うアイデアとして、理にかなっていて、かつ、シンプル。
55

TOTEMのご購入は→ここから

TOTEMスタジオ撮影

DSC09542
TOTEMをスタジオにて撮影しました。

TOTEMのご購入は→ここから

TOTEMの後足はクローバー型

DSC_0125

写真は、説明の為に、TOTEMの重ねになる部分の後ろ足を、ひっくり返した所です。

TOTEMはスタック式になってますが、前後左右に動かないように、天板上部に押すだけで、出たり引っ込んだりするラチェットがはめ込んであり、それに足の穴が入る構造になっています。

このラチェットは、引き出し内部にはみ出るので、引き出しの内寸にできるだけ影響しないようにと、裏壁のギリギリのところに付いてます。こうすると、四角足の端っこ穴を掘ることになったのですが、お客様がどの面で合わせても、カチット止まるように4つの穴を掘ることになり、その穴はクローバー型に。

ただこれでは、引き出しを押された時に、外れる恐れがあるのですが、幸いなことに、この足を止めるボルトが足の中心部にくる為に、ラッチがずれないようになっています。これを思いついた時は、まるで知恵の輪が解けた感じで小躍りしましたね。

TOTEMのご購入は→ここから

新製品TOTEMプレゼン

26

昨夜は、九州産業大学内で、大川家具工業会との産学プロゼクトの最終プレゼンが行われました。7チームほどあり、当社も学生と共同開発した”TOTEM”を発表致しました。本年6月からスタートしてましたが、いままで内密にしていたのは、この”TOTEM”は、意匠登録、実用新案、商標の申請を行っていた為です。

意匠・実用新案の部分は、組子を引き手に使った部分です。弱い組子をいかにして引き手として使うかと、いうところであり、この部分はかなり試行錯誤を行い、知財として申請致しました。

近々、スタジオ撮影致しますので、詳細は後日。

DSC09444

TOTEMのご購入は→ここから
社長
専務
千香子
最新コメント
月別
Google


ブログ内
プロフィール

総桐箪笥和光

Facebookページ
会社の空(気象データ)